メールベースの検出を使用してStoreFrontに接続する

メールアドレスを使用してStoreFront またはCitrix Gateway のURLを検出することで、ユーザー接続を受け入れるようにCitrix Gateway を構成できます。ユーザー接続のプロセスは次のとおりです。

  • ユーザーがネットワーク内またはリモートの場所から接続し、Receiverを初めてインストールするときは、そのユーザーのメールアドレスまたはStoreFront URLを入力します。
  • 次に、StoreFront またはCitrix Gateway のURLで応答する適切なDNSサーバーに対してクエリを実行します。URL は、ユーザが内部ネットワークから接続するか、リモートロケーションから接続するかによって異なります。
  • ユーザーは、ユーザー名、パスワード、ドメインを使用してReceiverにログオンします。
  • ユーザーがリモートから接続する場合、Citrix Gateway はStoreFront のURLをReceiverに提供します。
  • Receiverは、StoreFront からアカウント情報を取得します。ユーザーがCitrix Gateway 経由で接続する場合、アプライアンスはStoreFront へのSSOを実行します。複数のアカウントが使用可能な場合、ユーザーは選択できるアカウントのリストを受け取ります。
  • ユーザーがアカウントにログオンすると、Receiverにアプリケーションのリストが表示されます。ユーザーはアプリを選択して開くことができます。

ユーザーが電子メールアドレスを使用してアプリに接続できるようにするには、次の操作を行う必要があります。

  1. サービスレコード (SRV) を DNS サーバーに追加して、メールベースの検出をサポートします。詳しくは、StoreFrontのドキュメントの「電子メールベースのアカウント検出の構成」を参照してください。
  2. StoreFront URLをCitrix Gateway に追加します。

Citrix Gateway では、次の場所からStoreFront URLを構成できます。

  • クイック構成ウィザード
  • グローバル設定
  • セッションポリシー

注:クイック構成ウィザードを実行して、電子メールベースの検出用にセッションポリシーとプロファイルを構成することをお勧めします。ウィザードは、この機能を有効にする正しいポリシーとプロファイルの設定を構成します。

StoreFront URLは、セッションプロファイルまたはグローバル設定の「公開アプリケーション」タブで構成します。クイック構成ウィザードで、[Citrix Virtual Apps and Desktops]タブでStoreFront URLを構成します。クイック構成ウィザードを使用したCitrix Gateway の構成について詳しくは、「Configuring Settings with the Quick Configuration Wizard」を参照してください。

メールベースの検出をグローバルに設定するには

  1. 構成ユーティリティのナビゲーションペインで、Citrix Gateway を展開し、[グローバル設定]をクリックします。
  2. [公開アプリケーション] タブの [アカウントサービスのアドレス] にStoreFront URLを入力し、[OK] をクリックします。

セッションプロファイルで電子メールベースの検出を構成するには

  1. 構成ユーティリティーのナビゲーションペインで、[Citrix Gateway]>[ポリシー]の順に展開し、[セッション]をクリックします。
  2. 詳細ウィンドウで、[プロファイル] タブをクリックし、次のいずれかの操作を行います。
    1. 既存のセッションプロファイルを選択し、[開く] をクリックします。
    2. [追加] をクリックして、新しいプロファイルを作成します。
  3. 「公開アプリケーション」タブの「アカウントサービスのアドレス」で「グローバル上書き」をクリックし、StoreFront URLを入力します。
  4. 次のいずれかを行います:
    1. セッションプロファイルを変更した場合は、[OK] をクリックします。
    2. 新しいセッションプロファイルを追加する場合は、[Create] をクリックします。