クイック構成ウィザードで作成されたセッションポリシーの例

注: Citrix Endpoint Management はサポートされなくなりました。

次の図は、Endpoint Management、StoreFront、またはWeb InterfaceをCitrix Gateway に統合するためのセッションポリシーの例を示しています。クイック構成ウィザードを実行すると、Citrix Gateway によってこれらのポリシーが自動的に作成されます。これらの例を使用して、構成ユーティリティを使用してポリシーを手動で構成することもできます。

クイック構成ウィザードでは、次の 4 つのセッションポリシーが自動的に構成されます。次のようなものがあります。

  • Citrix Gateway プラグイン
  • Citrix Workspaceアプリ
  • Web向けCitrix Workspaceアプリ
  • Program Neighborhood エージェント

次の図は、これらの各ポリシーに設定された式を示しています。クイック構成ウィザードでは、ポリシーおよびプロファイル名に仮想サーバーの IP アドレスが追加されます。

このポリシーは、Windows用のCitrix GatewayプラグインまたはMac用のCitrix Gatewayプラグインを使用して接続するユーザーを対象としています。

図1:Citrix Gateway プラグインのセッションポリシー

session-policy-NG-plugin

このポリシーは、ユーザーがCitrix Workspaceアプリで接続しているかどうか、および接続がCitrix Gateway を経由しているかどうかを確認します。

図2:Citrix Workspaceアプリのセッションポリシー

オペレーティングシステムのセッションポリシー

このポリシーは、Web用Citrix Workspace アプリで接続するユーザーを対象としています。

図3:Web向けCitrix Workspaceアプリのセッションポリシー

Session-policy-for-reciever このポリシーは、Program Neighborhoodエージェントで接続するユーザーを対象としています。

図4:Program Neighborhood Agentのセッションポリシー

Program Neighborhood Agentのセッションポリシー

クイック構成ウィザードで作成されたセッションポリシーの例