クイック構成ウィザードで作成されるセッションプロファイル設定の例

次の図は、クイック構成ウィザードで作成されたセッションプロファイルの例を示しています。クイック構成ウィザードを実行すると、Citrix Gateway によってこれらのプロファイル設定が自動的に作成されます。これらの例を使用して、構成ユーティリティを使用してポリシーを手動で構成することもできます。

注:Citrix Gateway でhttps://\<SFLite-FQDN\>/Citrix/StoreWebなどのStoreFront URLを構成する場合、StoreWebのテキストでは大文字と小文字が区別されます。

次の図に示すように、各プロファイルには [セキュリティ] タブに同じ設定が含まれています。

図1:セッションプロファイルの「セキュリティ」タブ

Citrix Gateway プラグインのセッションプロファイルの「セキュリティ」タブ

Citrix Gateway プラグインのプロファイル設定の例

以下の例は、Citrix Gateway プラグインの「クライアントエクスペリエンス」タブと「公開アプリケーション」タブのセッションプロファイル設定を示しています。

図2:「クライアントエクスペリエンス」タブのセッションプロファイル設定

Citrix Gateway プラグインのセッションプロファイルの「クライアントエクスペリエンス」タブ

図3:「公開アプリケーション」タブのセッション・プロファイルの設定

Citrix Gateway プラグインのセッションプロファイルの「公開アプリケーション」タブ

ReceiverまたはSecure Hub プロファイル設定の例

次の例は、ReceiverまたはSecure Hub の「クライアントエクスペリエンスおよび公開アプリケーション」タブのセッションプロファイル設定を示しています。

図4:「クライアントエクスペリエンス」タブのセッションプロファイル設定

クイック構成ウィザードで作成されるReceiverまたはSecure Hub のセッションプロファイル

図5:「公開アプリケーション」タブのセッション・プロファイルの設定

「公開アプリケーション」タブのセッション・プロファイルの設定

Receiver for Webのプロファイル設定の例

次の例は、Receiver for Webの「クライアントエクスペリエンスおよび公開アプリケーション」タブのセッションプロファイル設定を示しています。

図 6. 「クライアントエクスペリエンス」タブのセッションプロファイル設定

Profile_Receiever-for-web

図 7. 「公開アプリケーション」タブのセッション・プロファイルの設定

「公開アプリケーション」タブのセッション・プロファイルの設定