エンドポイント分析の要件

Citrix Gateway がユーザーデバイスにエンドポイント分析プラグインをインストールすると、プラグインによってユーザーデバイスがスキャンされ、Citrix Gateway で設定したエンドポイントのセキュリティ要件が確認されます。要件には、オペレーティングシステム、ウイルス対策、Web ブラウザーのバージョンなどの情報が含まれます。

Windowsユーザーがブラウザを使用してCitrix Gateway に初めて接続する場合、ポータルはエンドポイント分析プラグインのインストールを要求します。その後のログオン試行時に、プラグインはアップグレード制御構成をチェックし、クライアントエンドポイント分析プラグインのアップグレードが必要かどうかを判断します。必要であれば、新しい Endpoint Analysis プラグインをダウンロードしてインストールするかどうかを確認するメッセージが表示されます。Windows 用エンドポイント分析プラグインは、Windows 32 ビットアプリケーションとしてインストールされます。インストールまたは使用に特別な権限は必要ありません。

Mac OS X の場合、ユーザーはエンドポイント分析プラグインをインストールする必要があります。Mac OS X 用のプラグインは、32 ビットアプリケーションとしてインストールされます。インストールに特別な権限は必要ありません。その後のログオン試行時に、プラグインのバージョンが一致しない場合、プラグインをダウンロードしてインストールするように求められます。

Endpoint Analysisプラグインを使用するには、ユーザーデバイスに以下のソフトウェアが必要です。

|オペレーティングシステム|サポートされているブラウザー| |–|–| |Mac OS X (10.9以降)|Safari 7.1以降、Google Chrome Release 30以降、Mozilla Firefox Release 30以降| |Windows 10|Internet Explorer 11、Google Chrome Release 30以降、Mozilla Firefox Release 24以降、Microsoft Edgeはサポートされません。| |Windows 8.1|Internet Explorer 11、Google Chrome Release 30以降、Mozilla Firefox Release 24以降| |Windows 8|Internet Explorer 9および10、Google Chrome Release 30以降、Mozilla Firefox Release 24以降| |Windows 7|Internet Explorer 9および10および11、Google Chrome Release 30以降、Mozilla Firefox Release 24以降| |Windows Vista|Internet Explorer 9; Mozilla Firefox Release 9 および10| |Linux; Ubuntu 12.04 LTS、14.04 LTS、16.04 LTS :32 ビットおよび 64 ビット OS がサポートされています。|Mozilla Firefox Release 44以降、Google Chrome 50以降|

**注 1: 上記のオペレーティングシステムバリアント** のすべてのエディションがサポートされています。

注 2: Windows エディションでは、すべてのサービスパックと重要な更新プログラムをインストールする必要があります。

**注 3: Internet Explorer のバージョン** では、クッキーを有効にする必要があります。最低限必要なバージョンは 7.0 です。

**注 4:** Mozilla Firefox のバージョンでは、エンドポイント分析はプラグインを有効にする必要があり、最低限必要なバージョンは 3.0 です。

重要:認証前エンドポイント分析の場合、ユーザーがユーザーデバイスにEndpoint Analysisプラグインをインストールしていない場合、またはスキャンをスキップした場合、ユーザーはCitrix Gateway プラグインを使用してログオンできません。認証後のエンドポイント分析の場合、ユーザーはクライアントレスアクセスまたはCitrix Workspace アプリを使用して、スキャンが不要なリソースにアクセスできます。

エンドポイント分析の要件