クライアント選択ページの設定

複数のログオンオプションをユーザーに提供するようにCitrix Gateway を構成できます。クライアント選択ページを構成することにより、ユーザーは、次の選択肢を使用して、1 つの場所からログオンできます。

  • Windows向けCitrix Gateway プラグイン
  • Citrix Gateway plug-in for Mac OS X
  • Citrix Gateway plug-in for Java
  • StoreFront
  • Web Interface
  • クライアントレスアクセス

ユーザーは、Citrix Gateway または仮想サーバーにバインドされた証明書のWebアドレスを使用して、Citrix Gatewayにログオンします。セッションポリシーとプロファイルを作成することで、ユーザーが受け取るログオンの選択肢を決定できます。Citrix Gateway の構成方法に応じて、[クライアントの選択]ページには、以下のログオン選択肢を表すアイコンが3つまで表示されます。

  • ネットワークアクセス。ユーザーがWebブラウザーを使用してCitrix Gateway に初めてログオンし、[ネットワークアクセス]を選択すると、ダウンロードページが表示されます。ユーザーが「ダウンロード」をクリックすると、プラグインがユーザーデバイスにダウンロードおよびインストールされます。ダウンロードとインストールが完了すると、アクセスインターフェイスが表示されます。新しいバージョンのCitrix Gatewayをインストールしたり、古いバージョンに戻したりすると、Citrix Gateway atewayプラグインがアプライアンス上のバージョンにサイレントでアップグレードまたはダウングレードされます。ユーザーがMac用のCitrix Gateway プラグインを使用して接続する場合、ユーザーのログオン時に新しいアプライアンスのバージョンが検出されると、プラグインはサイレントモードでアップグレードされます。このバージョンのプラグインでは、サイレントダウングレードは行われません。
  • Web InterfaceまたはStoreFront。ユーザーがログオンする Web Interfaceを選択すると、[Web Interface] ページが表示されます。ユーザーは、公開アプリケーションまたは仮想デスクトップにアクセスできます。ユーザーがStoreFront を選択してログオンすると、Receiverが開き、アプリケーションやデスクトップにアクセスできます。 注:StoreFront をクライアントとして構成すると、アプリケーションおよびデスクトップはアクセスインターフェイスの左ペインに表示されません。
  • クライアントレスアクセス。ユーザがクライアントレスアクセスを選択してログオンすると、アクセスインターフェイスまたはカスタマイズされたホームページが表示されます。アクセスインターフェイスでは、ユーザーはファイル共有、Web サイトに移動し、Outlook Web Access を使用できます。

ユーザーがJava用のCitrix Gateway プラグインを選択すると、プラグインが起動し、ユーザーがログオンします。選択ページは表示されません。

Secure Browse を使用すると、ユーザーはiOSデバイスからCitrix Gateway 経由で接続できます。Secure Browse を有効にした場合、ユーザーがSecure Hubを使用してログオンすると、Secure Browse はクライアント選択ページを無効にします。

クライアント選択ページの設定