ログオン時のクライアント選択ページの表示

クライアント選択オプションを有効にすると、Citrix Gatewayへの認証に成功すると、1つのWebページからCitrix Gatewayプラグイン、Web Interface、Receiverまたはクライアントレスアクセスを使用してログオンできます。ログオンに成功すると、Web ページにアイコンが表示され、ユーザーは接続を確立する方法を選択できます。また、選択ページに表示されるように、Java用のCitrix Gateway プラグインを構成することもできます。

エンドポイント分析を使用したり、アクセスシナリオのフォールバックを実装したりすることなく、クライアントの選択を有効にできます。クライアントセキュリティ式を定義しない場合、ユーザーはCitrix Gateway で構成された設定の接続オプションを受け取ります。ユーザーセッションにクライアントセキュリティ式が存在し、ユーザーデバイスがエンドポイント分析スキャンに失敗した場合、Web Interfaceが設定されている場合、選択ページにはWeb Interfaceを使用するオプションのみが表示されます。それ以外の場合、ユーザーはクライアントレスアクセスを使用してログオンできます。

クライアントの選択肢は、グローバルに構成するか、セッションプロファイルとポリシーを使用して構成します。

重要: クライアントの選択を構成するときは、検疫グループを構成しないでください。エンドポイント分析スキャンに失敗し、隔離されたユーザーデバイスは、エンドポイントスキャンに合格したユーザーデバイスと同様に扱われます。

クライアント選択オプションをグローバルに有効にするには

  1. 構成ユーティリティの[構成]タブのナビゲーションペインで Citrix Gateway を展開し、[グローバル設定]をクリックします。
  2. 詳細ウィンドウで、[設定] の [グローバル設定の変更] をクリックします。
  3. [クライアントエクスペリエンス] タブで、[詳細設定] をクリックします。
  4. [全般] タブで、[クライアントの選択] をクリックし、[OK] をクリックします。

セッション・ポリシーの一部としてクライアントの選択を有効にするには

また、セッション・ポリシーの一部としてクライアントの選択肢を構成し、ユーザー、グループ、仮想サーバーにバインドすることもできます。

  1. 構成ユーティリティーの構成タブのナビゲーションペインで、[Citrix Gateway]>[ポリシー]の順に展開し、[セッション]をクリックします。
  2. 詳細ウィンドウの [ポリシー] タブで、[追加] をクリックします。
  3. [名前] に、ポリシーの名前を入力します。
  4. [プロファイルの要求] の横にある [新規] をクリックします。
  5. [名前] に、プロファイルの名前を入力します。
  6. [クライアントエクスペリエンス] タブで、[詳細設定] をクリックします。
  7. [全般] タブで、[クライアントの選択肢] の横にある [グローバルに上書き]、[クライアントの選択肢]、[OK]、[作成] の順にクリックします。
  8. [セッションポリシーの作成] ダイアログボックスで、[名前付き式] の横にある [全般]、[True value]、[式の追加]、[作成]、[閉じる] の順にクリックします。