Web リンクとファイル共有リンクの作成と適用

ユーザーが使用できる内部リソースへのリンクのセットが表示されるように、Access Interface を設定できます。これらのリンクを作成するには、まずリンクをリソースとして定義する必要があります。次に、ユーザー、グループ、仮想サーバー、またはグローバルにバインドして、アクセスインターフェイスでアクティブにします。作成したリンクは、[エンタープライズ Web サイト] および [ エンタープライズファイル共有] の下の [Web サイト] ウィンドウと [ファイル共有] ウィンドウに表示されます。ユーザーが独自のリンクを追加すると、これらのリンクは [ 個人用 Web サイト] および [個人用ファイル共有] に表示されます。

セッション・ポリシーでアクセス・インタフェース・リンクを作成するには

  1. 構成ユーティリティの [構成] タブのナビゲーションペインで [Citrix Gatewayリソース] を展開し、[ ポータルのブックマーク]をクリックします。
  2. 詳細ウィンドウで、[ 追加] をクリックします。
  3. [ 名前]に、ブックマークの名前を入力します。
  4. [表示する テキスト] に、リンクの説明を入力します。説明が アクセスインターフェイスに表示されます。
  5. [ ブックマーク] に Web アドレスを入力し、[ 作成]、[ 閉じる] の順にクリックします。

クライアントレスアクセスを有効にすると、Webサイトへの要求がCitrix Gateway を通過するようにできます。たとえば、Googleにブックマークを追加したとします。[ブックマークの作成]ダイアログボックスで、Citrix Gateway をリバースプロキシとして使用する]チェックボックスをオンにします。このチェックボックスをオンにすると、Webサイトの要求はユーザーデバイスからCitrix Gateway に送信され、次にWebサイトに送信されます。このチェックボックスをオフにすると、要求はユーザーデバイスからWebサイトに送信されます。このチェックボックスは、クライアントレスアクセスを有効にしている場合にのみ使用できます。

ブックマークをグローバルにバインドするには

  1. 構成ユーティリティの [構成 ]タブのナビゲーションペインで Citrix Gateway を展開し、[ グローバル設定]をクリックします。
  2. 詳細ペインの [ ブックマーク] で、 Citrix Gatewayポータルページで、アクセス可能にするHTTPアプリケーションおよびWindowsファイル共有アプリケーションへのリンク を作成します
  3. [VPN グローバルバインディング の設定*] ダイアログボックスで、[ 追加] をクリックします。
  4. [ 使用可能] で、1 つまたは複数のブックマークを選択し、右矢印をクリックして [構成] の下のブックマークを移動し、 [OK] をクリックします

アクセスインターフェイスリンクをバインドするには

アクセス・インタフェース・リンクを次の場所にバインドできます。

  • ユーザー
  • グループ
  • 仮想サーバー

構成を保存すると、ユーザーは [ホーム] タブの [アクセスインターフェイス] でリンクを使用できるようになります。このタブは、ユーザーが正常にログオンした後に最初に表示されるページです。リンクは、タイプに応じて、Web サイトリンク、またはファイル共有リンクとしてページ上に整理されます。

  1. 構成ユーティリティのナビゲーションペインで、次のいずれかの操作を行います。
    • Citrix Gateway ユーザーの管理]を展開し、[AAAユーザー]をクリックします。
    • Citrix Gateway のユーザー管理] を展開し、[ AAA グループ]をクリックします。
    • Citrix Gateway を展開し、[ 仮想サーバー]をクリックします。
  2. 詳細ウィンドウで、次のいずれかの操作を行います。
    • ユーザーを選択し、[開く] をクリックします。
    • グループを選択し、[開く] をクリックします。
    • 仮想サーバを選択し、[開く] をクリックします。
  3. ダイアログボックスで、[ ブックマーク ] タブをクリックします。
  4. [ 使用可能なブックマーク] で、1 つまたは複数のブックマークを選択し、右矢印をクリックして [構成済みブックマーク] の下のブックマークを移動し、 [OK] をクリックします。