Java用Citrix Gateway プラグイン用のイントラネットアプリケーションの構成

ユーザーがJava用のCitrix Gateway プラグインを使用して接続する場合は、イントラネットアプリケーションを構成し、傍受モードをプロキシに設定する必要があります。Citrix Gateway プラグインは、プロファイルで指定されたユーザーデバイスのループバックIPアドレスとポート番号を使用して、トラフィックをインターセプトします。

ユーザーがWindowsベースのデバイスから接続している場合、Citrix Gateway プラグインは、アプリケーションHOST名を設定して、プロファイルで指定されたループバックIPアドレスとポートにアクセスすることで、HOSTファイルの変更を試みます。HOSTファイルを変更するには、ユーザーデバイスに対する管理者権限が必要です。

ユーザーが Windows 以外のデバイスから接続する場合は、イントラネットアプリケーションプロファイルで指定された送信元 IP アドレスとポート値を使用して、アプリケーションを手動で構成する必要があります。

Java用Citrix Gateway プラグイン用にイントラネットアプリケーションを構成するには

  1. 構成ユーティリティの [構成 ]タブのナビゲーションペインで [Citrix Gatewayリソース] を展開し、[ イントラネットアプリケーション]をクリックします。
  2. 詳細ウィンドウで、[ 追加] をクリックします。
  3. [ 名前]に、プロファイルの名前を入力します。
  4. [ プロキシ] をクリックします。
  5. [ 宛先 IP アドレス] と [ 宛先ポート ] に、宛先 IP アドレスとポートを入力します。
  6. [送信元 IP アドレス ] と [ 送信元ポート ] に、送信元 IP アドレスとポートを入力します。

    注: 送信元 IP アドレスは、ループバック IP アドレス 127.0.0.1 に設定する必要があります。IP アドレスを指定しない場合は、ループバック IP アドレスが使用されます。ポート値を入力しない場合は、宛先ポート値が使用されます。