ユーザ接続のプロキシサポートの有効化

ユーザーデバイスは、内部ネットワークにアクセスするためにプロキシサーバーを介して接続できます。Citrix Gateway は、HTTP、SSL、FTP、およびSOCKSプロトコルをサポートしています。ユーザー接続のプロキシサポートを有効にするには、Citrix Gateway で設定を指定します。Citrix Gateway のプロキシサーバーが使用するIPアドレスとポートを指定できます。プロキシサーバーは、内部ネットワークへのすべてのそれ以降の接続のためのフォワードプロキシとして使用されます。

ユーザー接続のプロキシサポートを構成するには

  1. 構成ユーティリティの [構成 ]タブのナビゲーションペインで Citrix Gateway を展開し、[ グローバル設定]をクリックします。
  2. 詳細ウィンドウで、[ 設定] の [グローバル設定の変更] をクリックします。
  3. [クライアントエクスペリエンス] タブで、[詳細設定] をクリックします。
  4. [ プロキシ] タブの [プロキシ設定] で、 [オン] を選択します。
  5. プロトコルの場合は、IP アドレスとポート番号を入力し、[ OK] をクリックします。

注意: Applianceを選択した場合は、セキュアおよびセキュアでないHTTP接続のみをサポートするプロキシ・サーバーを構成できます。

Citrix Gateway でプロキシサポートを有効にした後、プロトコルに対応するプロキシサーバーの構成の詳細をユーザーデバイス上で指定します。

プロキシサポートを有効にすると、Citrix Gateway によってプロキシサーバーの詳細がクライアントのWebブラウザーに送信され、ブラウザーでプロキシ構成が変更されます。ユーザーデバイスがCitrix Gateway に接続すると、ユーザーデバイスはプロキシサーバーと直接通信し、ユーザーのネットワークに接続できます。

Citrix Gateway のすべてのプロトコルを使用するように1つのプロキシサーバーを構成するには

Citrix Gateway で使用されるすべてのプロトコルをサポートするように、1つのプロキシサーバーを構成できます。この設定では、すべてのプロトコルに対して 1 つの IP アドレスとポートの組み合わせを提供します。

  1. 構成ユーティリティの [構成 ]タブのナビゲーションペインで Citrix Gateway を展開し、[ グローバル設定 ]をクリックします。
  2. 詳細ウィンドウで、[ 設定] の [グローバル設定の変更] をクリックします。
  3. [ クライアントエクスペリエンス ] タブで、[ 詳細設定] をクリックします。
  4. [ プロキシ ] タブの [ プロキシ設定 ] で、 [オン] を選択します。
  5. プロトコルの場合は、IP アドレスとポート番号を入力します。
  6. [すべてのプロトコルに同じプロキシサーバーを使用する] をクリックし、[ OK] をクリックします。

分割トンネリングを無効にし、すべてのプロキシ設定を On に設定すると、プロキシ設定がユーザデバイスに伝播されます。プロキシ設定がApplianceに設定されている場合、設定はユーザー・デバイスには反映されません。

Citrix Gateway は、ユーザーデバイスの代わりにプロキシサーバーに接続します。プロキシ設定はユーザーのブラウザには反映されないため、ユーザーデバイスとプロキシサーバー間の直接通信はできません。

Citrix Gateway をプロキシサーバーとして構成するには

Citrix Gateway をプロキシサーバーとして構成する場合、サポートされるプロトコルは安全でない安全なHTTPだけです。

  1. 構成ユーティリティの [構成 ]タブのナビゲーションペインで Citrix Gateway を展開し、[ グローバル設定]をクリックします。
  2. 詳細ウィンドウで、[ 設定] の [グローバル設定の変更] をクリックします。
  3. [ クライアントエクスペリエンス ] タブで、[ 詳細設定] をクリックします。
  4. [ プロキシ ] タブの [ プロキシ設定] で、[ アプライアンス] を選択します。
  5. プロトコルの場合は、IP アドレスとポート番号を入力し、[ OK] をクリックします。