ユーザーポータルのカスタマイズ

VPNユーザーにポータルを提供するCitrix Gateway のインストールには、ポータルのテーマを選択してポータルページの外観をカスタマイズするオプションがあります。用意されているテーマのセットから選択するか、テーマをテンプレートとして使用して、カスタマイズまたはブランド化されたポータルを構築できます。構成ユーティリティーを使用して、新しいロゴ、背景画像、カスタム入力ボックスラベル、および CSS ベースのポータルデザインのさまざまな属性を追加することで、テーマを変更できます。組み込みのポータル・テーマには、英語、フランス語、スペイン語、ドイツ語、日本語の 5 つの言語のコンテンツが含まれます。Web ブラウザによって報告されるロケールに応じて、異なるユーザーが異なる言語で提供されます。

VPN ユーザがサインインを許可する前に VPN ユーザに提示されるカスタムのエンドユーザー使用許諾契約(EULA)を作成するオプションがあります。EULA 機能は、ロケール固有のバージョンの EULA をサポートします。EULA は、Web ブラウザで報告されたロケールに基づいてユーザに提示されます。

ポータルテーマと EULA 構成の両方は、VPN 仮想サーバーおよび VPN グローバルレベルで個別にバインドできます。

重要: Citrix では、コードの変更が必要なカスタマイズはサポートされておらず、デフォルトのテーマに戻す以外の問題を解決するためのサポートも提供していません。

ポータル・テーマの適用

デフォルトでは、VPN ポータルは Caxton テーマを使用するように構成されています。Caxton テーマの名前は Default です。

Caxton Theme

Caxton Theme

Citrix Gateway には、ポータルに適用できる2つのテーマがあります。グリーンバブルとX1のテーマです。

Greenbubble Theme

Greenbubble Theme

X1 Theme

X1 Theme

提供されたテーマは、VPN 仮想サーバに直接適用することも、グローバル VPN バインディングとして適用することもできます。

VPN 仮想サーバーへのポータルテーマのバインド

ポータル・テーマは、既存の仮想サーバー上または新しい仮想サーバーの作成時にバインドできます。

コマンドラインを使用してポータル・テーマを既存の VPN 仮想サーバーにバインドする

コマンドプロンプトで、「;」と入力します。

bind vpn vserver <name> - portaltheme <name>

構成ユーティリティーを使用したポータル・テーマの既存の VPN 仮想サーバーへのバインド

  1. 構成 ]タブで [Citrix Gateway] に移動し、[ 仮想サーバー]をクリックします。
  2. 仮想サーバーを選択し、[ 編集] をクリックします。
  3. ポータル・テーマがまだ仮想サーバーにバインドされていない場合は、詳細ペインの [ 詳細設定 ] の [ ポータル・テーマ ] をクリックします。それ以外の場合、[ ポータルのテーマ ] オプションは詳細ペインで既に展開されています。
  4. 詳細ペインの [ ポータル・テーマ] で、[ポータル・テーマ なし] をクリックして [ポータル・テーマ・バインディング] ウィンドウを展開します。
  5. [ クリックして選択]をクリックします。
  6. [ ポータルテーマ ] ウィンドウで、テーマ名をクリックし、[ 選択 ] をクリックします。
  7. [バインド] をクリックします。
  8. [完了] をクリックします。

VPN 仮想サーバーを作成する場合は、VPN 仮想サーバーの編集ペインで、上記の手順 3 から開始して、ポータルのテーマをバインドできます。

VPN グローバルへのポータルテーマのバインド

コマンドラインを使用したポータル・テーマの VPN グローバル・スコープへのバインド

コマンドプロンプトで、「;」と入力します。

bind vpn global portaltheme <name>

構成ユーティリティーを使用したポータル・テーマの VPN グローバル・スコープへのバインド

  1. 構成 ]タブで [Citrix Gateway に移動します。
  2. メインの詳細ペインで、 [Citrix Gatewayポリシーマネージャー]をクリックします。
  3. +」アイコンをクリックします。
  4. バインドポイント 」リストで、「 リソース 」を選択します。
  5. 接続タイプ」 リストで、「 ポータル・テーマ」を選択します。
  6. [続行] をクリックします。
  7. バインドポイント 」画面で、「 バインドの追加」 をクリックします。
  8. [ クリックして選択]をクリックします。
  9. [ ポータルテーマ ] ウィンドウで、テーマ名をクリックし、[ 選択 ] をクリックします。
  10. [バインド] をクリックします。
  11. [閉じる] をクリックします。
  12. [ 完了] をクリックします。

ヒント: 一連の変更が完了したら、コマンドラインで「save ns config」コマンドを使用するか、構成ユーティリティの保存アイコンをクリックして、変更内容がCitrix ADC構成ファイルに保存されます。

ポータル・テーマの作成

カスタム・ポータル・デザインを作成するには、提供されているポータル・テーマの 1 つをテンプレートとして使用します。選択したテンプレートテーマのコピーが、指定した名前で作成されます。

在庫ポータル・テーマのカスタム・ポータル・テーマのテンプレートとしての使用

ポータル・テーマを作成するには、構成ユーティリティーまたはコマンド・ラインを使用してテーマ・エンティティーを作成します。ただし、詳細なカスタマイズコントロールは、構成ユーティリティ内でのみ使用できます。

コマンド・ラインを使用したポータル・テーマの作成

コマンドプロンプトで、「;」と入力します。

add portaltheme <name> basetheme <name>

構成ユーティリティーを使用したポータル・テーマの作成

  1. 構成 ]タブで [Citrix Gateway] に移動し、[ ポータルのテーマ ]をクリックします。
  2. メインの詳細ウィンドウで、[ 追加] をクリックします。
  3. テーマの名前を入力し、テンプレートリストからテンプレートを選択し、[ OK] をクリックします。
  4. この時点で、ポータル・テーマ編集ウィンドウの初回ビューが表示されます。[OK] をクリックして終了します。

最初のビューを使用して、新しいポータル・テーマのカスタマイズに進むことができます。ただし、ポータル・テーマの編集を続行する前に、インターフェースに関する次のポータル・テーマのカスタマイズセクション、およびインターフェース内のカスタマイズ可能なポータル属性のポップアップの説明をお読みください。

新しいテーマが作成されたら、VPN 仮想サーバーへのポータルテーマのバインドまたはVPN グローバルへのポータルテーマのバインドの説明に従ってバインドできます。新しいテーマは、作成後またはカスタマイズ完了後すぐにバインドできます。

ポータル・テーマのカスタマイズ

ポータル・テーマをカスタマイズするには、構成ユーティリティーのポータル・テーマ・インターフェースを使用します。最良の結果を得るには、このインタフェースを使用する前に、このインタフェースのさまざまな要素を理解しておく必要があります。

ポータル・テーマ・インタフェースについて

Citrix Gateway 構成ユーティリティで ポータルのテーマインターフェイスを 開くには、[ 構成 ]タブで [Citrix Gateway] に移動し、[ ポータルのテーマ ]をクリックします。「 ポータル・テーマの作成」の説明に従ってテーマを作成するか、 メインの詳細ペインで既存のテーマを選択して「 編集 」をクリックします。

ポータル・テーマのカスタマイズ・ページには、ポータル・デザインを変更するための 4 つの主要なコンポーネント・ペインがあります。「ポータル・ テーマ 」ペイン、「ルック・アンド・フィール」ペイン、 「詳細設定」 ペイン、および「 言語 」ペインです。

ポータル・テーマ・インタフェース

ポータル・テーマ・インターフェース

ページ上部の「 ポータル・テーマ 」ペインには、編集用にロードされたテーマと、それが基づいているテンプレート・テーマが示されます。ここでの表示オプションを使用すると、ユーザー接続で VPN にアクセスすることなく、カスタマイズ内容を表示できます。表示オプションを使用するには、テーマを VPN 仮想サーバにバインドする必要があります。バインディングは、表示ウィンドウを閉じた後も有効です。

ページの中央にある [ ルック & フィール ] ペインで、ヘッダー、背景色と画像、フォントのプロパティ、ロゴなど、テーマの全般プロパティを構成します。このペインが編集モードの場合、属性凡例を使用して、ポータル・ページで Look & Feel 属性が使用される場所に関するガイダンスを使用できます。

[ 詳細設定] ペインには、個々のポータルページの画面上のコンテンツコントロールが表示されます。編集用にページのコンテンツを読み込むには、一覧表示されているページの 1 つをクリックします。ページコントロールは、他の中央のペインの下に表示されます。ページが変更されていない限り、ポータル・テーマの編集を行っても、[ 詳細設定] ペインでページが折りたたまれたままになります。

[ 言語 ] ペインでは、[ 詳細設定 ] ペインで編集対象のページを選択したときにロードする言語を選択できます。デフォルトでは、英語のページが読み込まれます。

カスタマイズ可能なページ属性のタイプ

ポータル・テーマをカスタマイズする場合、ポータル・テーマ・インタフェースで属性の範囲を変更できます。編集可能なテキストとサポートされている言語に加えて、ポータルのレイアウトのすべてのグラフィック要素をニーズに合わせて調整できます。各ページ要素タイプには、変更する前に考慮すべきパラメータまたは推奨事項があります。

ポータルデザインでは、ページの背景、ハイライト、タイトルと本文コンテンツのテキスト、ボタンコントロール、ホバー応答などの属性の色を指定します。カラー属性をカスタマイズするには、選択した項目のカラー値を直接入力するか、付属のカラーピッカーを使用してカラー値を生成します。このインターフェイスでは、有効な HTML カラー値を RGBA 形式、HTML の 16 進数トリプレット形式、および X11 カラー名で入力できます。カラーピッカーは、アトリビュートの入力フィールドの横にあるカラーボックスをクリックすることで、適用可能なカラーアトリビュートに対してアクセスできます。

カラーピッカー

カラーピッカー

フォント

フォントの色に加えて、一部のページ属性のフォントサイズを変更できます。これらの属性ごとに、ポータルの設計によって決定される各属性で使用できるサイズがメニューに表示されます。

画像

画像の場合、各コントロールで使用できるポップアップの説明に、推奨サイズやその他の要件が表示されます。説明は、ページ上の属性の場所とその機能によって異なります。PNG または JPEG イメージファイル形式を使用できます。アップロードするイメージを選択するには、アイテムのファイル名の下にあるチェックボックスをオンにし、ローカルコンピュータのドライブ上のイメージがある場所を参照します。

ラベル

[ 詳細設定] セクションで、変更する特定のポータルページのテキストを選択できます。ページの既定の英語のテキストを変更しても、他の言語のテキストは再翻訳されません。代替言語のページコンテンツは利便性のために提供されていますが、カスタマイズについては手動で更新する必要があります。ページの別の言語バージョンを編集するには、開いているポータル・ページの [ X ] アイコンをクリックして、ウィンドウが開いている場合は、まずウィンドウを折りたたみます。次に、[言語] ペインで 言語 を選択し、[ OK ] をクリックします。[ 詳細設定] ウィンドウから開いたすべてのポータルページは、別のページを選択するまで、その言語で表示されます。

重要

高可用性またはクラスター化されたデプロイメントでは、ポータルのテーマが共有構成全体に分散されるのは、プライマリまたは構成コーディネータのCitrix ADCエンティティでそれぞれポータルのテーマが設定されている場合のみです。

古いポータルのカスタマイズに関する注意事項

Citrix GatewayまたはAccess Gatewayリリース11.0より前のリリースで作成されたカスタムポータル設計を手動で変更したインストールの場合は、カスタマイズインターフェイスで新しいポータルテーマから開始することを強くお勧めします。カスタマイズができない場合は、手動でカスタマイズを適用できますが、その直接サポートは提供されません。

手動でカスタマイズしたポータルを使用する場合は、カスタマイズしたポータルをグローバル・ポータル構成として設定する必要があります。ただし、そうすると、適用されたグローバルポータル構成を VPN 仮想サーバーレベルのポータルテーマのバインドで上書き することはできません 。この場合、設定ユーティリティまたはコマンドラインを使用して VPN 仮想サーババインディングを作成しようとすると、エラーが返されます。

また、高可用性とクラスタ構成の場合は、Citrix ADCファイルシステムの基盤となるファイルが自動的に共有される構成で配布されないため、展開内のすべてのノードで手動でカスタマイズを行う必要があります。

カスタム・ポータル構成の手動作成

Citrix Gateway 11.0へのアップグレード後にカスタマイズされた古いポータル構成を手動で適用するには、既存のポータルページのコピーを変更し、カスタマイズされたポータルファイルをCitrix ADCファイルシステムに配置し、 UITHEME パラメーターとして カスタム を選択する必要があります。

WinSCPまたはその他のセキュアコピープログラムを使用して、Citrix ADCファイルシステムにファイルを転送できます。

  1. Citrix Gateway のコマンドラインにログオンします。
  2. コマンドプロンプトで shellと入力します。
  3. コマンドプロンプトで、 mkdir /var/ns_gui_custom; cd /ネットスケーラ; tar-cvzf /var/ns_gui_カスタム/カスタムテーマ.tar.gz ns_gui/* と入力します。
  4. コマンドプロンプトで、 cd /var/netscaler/ログオン/テーマ/と入力します。
    • グリーンバブルテーマをカスタマイズする場合は、「 cp-r グリーンバブルカスタム 」と入力して、グリーンバブルテーマのコピーを作成します。
    • 既定のテーマ (Caxton) をカスタマイズする場合は、 cp-r 既定のカスタムと入力します。
    • X1 テーマをカスタマイズするには、「 cp-r X1 カスタム」と入力します。
  5. **/var/netscaler/logon/themes/Custom** の下にコピーされたファイルに必要な変更を加え、テーマを手動でカスタマイズします。
    • css/base.cssに必要な編集を行います。
    • カスタムイメージを /var/ns_gui_custom/ns_gui/vpn/メディア ディレクトリにコピーします。
    • resources/ ディレクトリにあるファイルのラベルを変更します。これらのファイルは、ポータルでサポートされているロケールに対応しています。
    • HTML ページまたは javascript ファイルに対する変更も必要な場合は、 /var/ns_gui_custom/ns_gui/内のファイルに関連するようにできます。
  6. カスタマイズの変更がすべて完了したら、プロンプトに次のように入力します。tar —cvzf /var/ns_gui_custom/customtheme.tar.gz /var/ns_gui_custom/ns_gui/*

重要

前述の手順でテーマディレクトリをコピーする場合は、Citrix ADCシェルインターフェイス内でディレクトリ名の大文字と小文字が区別されるため、コピーしたフォルダ名を「カスタム」と正確に入力する必要があります。ディレクトリ名が正確に入力されていない場合、 UITHEME 設定が CUSTOM に設定されている場合、フォルダは認識されません。

カスタマイズしたテーマを VPN グローバルパラメータとして選択

手動でカスタマイズしたポータル構成が完了し、Citrix ADCファイルシステムにコピーしたら、その構成をCitrix Gateway 構成に適用する必要があります。これは、UITHEME パラメータを CUSTOM に設定することによって実行され、コマンドラインまたは構成ユーティリティを使用して完了できます。

コマンドラインを使用するには、次のコマンドを入力して UITHEME パラメータを設定します。

set vpn parameter UITHEME CUSTOM

構成ユーティリティーを使用して UITHEME パラメーターを設定するには、以下の手順に従います。

  1. 構成 ]タブで、 Citrix Gateway >[グローバル設定] に移動します。
  2. [ グローバル設定の変更] をクリックします。
  3. [ クライアントエクスペリエンス ] タブをクリックします。
  4. 画面の下部までスクロールし、[ UI テーマ ] リストメニューから [ カスタム ] を選択します。
  5. [OK] をクリックします。

これで、手動でカスタマイズしたポータルが VPN ユーザーに提供されるポータル設計になりました。

使用許諾契約書の作成

VPN ポータルシステムは、ポータル構成にエンドユーザーライセンス契約 (EULA) を適用するオプションを提供します。EULAがVPNグローバルスコープまたは関連するVPN仮想サーバーのいずれかでCitrix Gateway 構成にバインドされると、VPNユーザーはVPNへの認証を許可する前に、利用規約としてEULAに同意する必要があります。

ポータル・テーマと同様に、ユーザーは Web ブラウザーから報告されたロケールに基づいて、言語固有の EULA を提供します。サポートされているどの言語にも一致しないロケールの場合、デフォルトの言語は英語です。EULA ごとに、サポートされている各言語でカスタムメッセージを入力できます。EULA 構成では、ポータル・テーマの場合と同様に、事前に翻訳されたコンテンツは提供されません。ユーザーの報告されたロケールが、EULA コンテンツが入力されていない言語と一致する場合、VPN ログインページの [利用規約] リンクをクリックすると、空白のページが返されます。

EULAを作成するには、 Citrix Gateway>グローバル設定>EULAまたは **Citrix Gateway>リソース>EULA** の[ 構成 ]タブで構成ユーティリティーのいずれかのコントロールを使用します。[ Global Settings] ペインのコントロールは VPN グローバル EULA バインディングを管理するために使用され、 [Resources] > [EULA ] ノードのコントロールは EULA 設定の一般的な操作に使用されます。VPN仮想サーバーのEULAバインディングを管理するには、 [Citrix Gateway]>[仮想サーバー]でVPN仮想サーバーを編集します。一部のコマンドは、EULA エンティティを管理するためのコマンドラインでも使用できます。ただし、完全な EULA 管理コントロールは、構成ユーティリティでのみ使用できます。

コマンドラインを使用した EULA エンティティの作成

コマンドプロンプトで、「;」と入力します。

add vpn eula <name>

構成ユーティリティを使用した EULA エンティティの作成

  1. Citrix Gateway >[リソース]>[EULA]に移動します。
  2. 追加」(Add ) をクリックしてエンティティを作成します。
  3. エンティティの名前を入力します。
  4. 各言語について、関連するタブの下にコンテンツを貼り付けます。テキスト形式または HTML タグを使用して、改行を追加する<br> タグなど、コンテンツの書式を設定できます。
  5. [作成] をクリックします。

EULA エンティティが作成されると、そのエンティティは VPN 設定にグローバルにバインドすることも、VPN 仮想サーバーにバインドすることもできます。

コマンドラインを使用して EULA を VPN グローバルにバインドする

コマンドプロンプトで、「;」と入力します。

bind vpn global eula <name>

設定ユーティリティを使用したグローバル EULA VPN バインディングの作成

  1. 構成 ]タブで、 Citrix Gateway >[グローバル設定] に移動します。
  2. メインの詳細ペインで、[ 使用許諾契約書の設定] をクリックします。
  3. [ バインドを追加]をクリックします。
  4. [ クリックして選択]をクリックします。
  5. EULA エンティティを選択し、[ 選択] をクリックします。
  6. [バインド] をクリックします。
  7. [閉じる] をクリックします。

コマンドラインを使用して EULA を VPN 仮想サーバーにバインドする

コマンドプロンプトで、「;」と入力します。

bind vpn vserver <name> eula <name>

設定ユーティリティを使用した EULA を VPN 仮想サーバにバインドする

  1. [構成 ]タブで、 Citrix Gateway >[仮想サーバー]の順に選択します。
  2. メインの詳細ペインで、VPN 仮想サーバーを選択し、[ Edit] をクリックします。
  3. ページの右側の [ 詳細設定] ペインで、[ EULA ] をクリックします。
  4. 新しく追加された EULA ペインで、[ EULA なし] をクリックします。
  5. [ クリックして選択]をクリックします。
  6. EULA エンティティを選択し、[ 選択] をクリックします。
  7. [バインド] をクリックします。
  8. [完了] をクリックします。