ユーザーのドメイン・アクセスの構成

ユーザがクライアントレスアクセスを使用して接続する場合、ユーザがアクセスを許可するネットワークリソース、ドメイン、および Web サイトを制限できます。Citrix Gateway ウィザードまたはグローバル設定を使用して、ドメインへのアクセスを含めたり除外したりするためのリストを作成できます。

すべてのネットワークリソース、ドメイン、および Web サイトへのアクセスを許可してから、除外リストを作成できます。除外リストには、ユーザーがアクセスできない特定のリソースのセットが記載されています。ユーザーは、除外リストに含まれているドメインにアクセスできません。

また、すべてのネットワークリソース、ドメイン、および Web サイトへのアクセスを拒否し、特定の包含リストを作成することもできます。包含リストには、ユーザーがアクセスできるリソースが挙げられます。ユーザーは、リストに表示されていないドメインにアクセスできません。

注:Citrix Endpoint Management またはStoreFront のクライアントレスアクセスポリシーを構成し、ユーザーがReceiver for Webに接続する場合、Receiver for Webがアクセスできるドメインを許可する必要があります。これは、Citrix Gateway がStoreFront およびEndpoint Management ネットワークトラフィックを書き換えるために必要です。

Citrix Gateway ウィザードを使用してドメインアクセスを構成するには

  1. 構成ユーティリティで、[構成]タブをクリックし、ナビゲーションペインで[Citrix Gateway]をクリックします。
  2. 詳細ペインの [はじめに] で、[Citrix Gateway ウィザード] をクリックします。
  3. [次へ] をクリックし、ウィザードの指示に従って、[クライアントレスアクセスの設定] ページを表示します。
  4. [クライアントレスアクセス用のドメインの設定] をクリックし、次のいずれかの操作を行います。
    • 除外するドメインの一覧を作成するには、[除外するドメイン] をクリックします。
    • 含まれるドメインの一覧を作成するには、[ドメインの許可] をクリックします。
  5. [ドメイン名] にドメイン名を入力し、[追加] をクリックします。
  6. 一覧に追加するドメインごとに手順 5 を繰り返し、終了したら [OK] をクリックします。
  7. Citrix Gateway ウィザードを使用して、アプライアンスの構成を続行します。

構成ユーティリティを使用してドメイン設定を構成するには

構成ユーティリティのグローバル設定を使用して、ドメイン一覧を作成または変更することもできます。

  1. 構成ユーティリティの[構成]タブのナビゲーションペインで Citrix Gateway を展開し、[グローバル設定]をクリックします。
  2. 詳細ペインの [クライアントレスアクセス] で、[クライアントレスアクセス用のドメインの構成] をクリックします。
  3. 次のいずれかを行います:
    • 除外するドメインの一覧を作成するには、[除外するドメイン] をクリックします。
    • 含まれるドメインの一覧を作成するには、[ドメインの許可] をクリックします。
  4. [ドメイン名] にドメイン名を入力し、[追加] をクリックします。
  5. リストに追加するドメインごとに手順 4 を繰り返し、終了したら [OK] をクリックします。