Web アドレスのエンコーディング

クライアントレスアクセスを有効にすると、内部 Web アプリケーションのアドレスをエンコードするか、アドレスをクリアテキストのままにするかを選択できます。設定は次のとおりです。

  • わかりにくいこれは、標準のエンコーディングメカニズムを使用して、リソースのドメインとプロトコル部分を隠します。
  • クリア。Web アドレスはエンコードされず、ユーザーに表示されます。
  • 暗号化。ドメインとプロトコルは、セッションキーを使用して暗号化されます。Web アドレスが暗号化されている場合、同じ Web リソースのユーザセッションごとに URL が異なります。ユーザーがエンコードされた Web アドレスをブックマークし、Web ブラウザに保存してからログオフすると、ユーザーがログオンしてブックマークを使用して Web アドレスに再度接続しようとすると、Web アドレスに接続できなくなります。 注:ユーザーがセッション中に暗号化されたブックマークをアクセスインターフェイスに保存すると、ユーザーがログオンするたびにブックマークが機能します。

この設定は、グローバルに構成することも、セッションポリシーの一部として構成することもできます。セッションポリシーの一部としてエンコーディングを構成する場合は、ユーザー、グループ、または仮想サーバーにバインドできます。

Web アドレスのエンコーディングをグローバルに設定するには

  1. 構成ユーティリティの[構成]タブのナビゲーションペインで Citrix Gateway を展開し、[グローバル設定]をクリックします。
  2. 詳細ウィンドウで、[設定] の [グローバル設定の変更] をクリックします。
  3. [クライアントエクスペリエンス] タブで、[クライアントレスアクセス URL エンコーディング] の横のエンコードレベルを選択し、[OK] をクリックします。

セッションポリシーを作成して Web アドレスエンコーディングを設定するには

  1. 構成ユーティリティーの構成タブのナビゲーションペインで、[Citrix Gateway]>[ポリシー]の順に展開し、[セッション]をクリックします。
  2. 詳細ウィンドウの [ポリシー] タブで、[追加] をクリックします。
  3. [名前] に、ポリシーの名前を入力します。
  4. [プロファイルの要求] の横にある [新規] をクリックします。
  5. [名前] に、プロファイルの名前を入力します。
  6. [クライアントエクスペリエンス] タブで、[クライアントレスアクセス URL エンコーディング] の横にある [グローバル上書き] をクリックし、エンコードレベルを選択して [OK] をクリックします。
  7. [セッションポリシーの作成] ダイアログボックスで、[名前付き式] の横にある [全般]、[True value]、[式の追加]、[作成]、[閉じる] の順にクリックします。