ユーザー・ログオン・オプションの評価

ユーザーがログオンするときに、エンドポイント分析スキャンをスキップすることを選択できます。ユーザーがスキャンをスキップすると、Citrix Gateway はこのアクションを失敗したエンドポイント分析として処理します。ユーザーがスキャンに失敗した場合、Web Interfaceまたはクライアントレスアクセスでのみアクセスできます。

たとえば、Citrix Gateway プラグインを使用してユーザーにアクセスを許可する場合などです。プラグインを使用して Citrix Gateway にログオンするには、ユーザーがノートンアンチウイルスなどのウイルス対策アプリケーションを実行している必要があります。ユーザーデバイスでアプリケーションが実行されていない場合、ユーザーはReceiverでのみログオンし、公開アプリケーションを使用できます。クライアントレスアクセスを構成することもできます。これにより、Outlook Web Access などの特定のアプリケーションへのアクセスが制限されます。

このログオンシナリオを実現するようにCitrix Gateway を構成するには、デフォルトのポリシーとして制限セッションポリシーを割り当てます。次に、ユーザーデバイスがエンドポイント分析スキャンに合格したときに、特権セッションポリシーにユーザーをアップグレードする設定を構成します。この時点で、ユーザーはネットワークレイヤーにアクセスでき、Citrix Gateway プラグインを使用してログオンできます。

最初に制限セッションポリシーを適用するようにCitrix Gateway を構成するには、次の手順に従います。

  • 指定したアプリケーションがユーザーデバイスで実行されていない場合は、ICAプロキシを有効にしてグローバル設定を行い、その他の必要な設定を行います。

  • Citrix Gateway プラグインを有効にするセッションポリシーとプロファイルを作成します。

  • セッションポリシーの規則部分内に次のような式を作成して、アプリケーションを指定します。

    (クライアント.アプリケーション.プロセス(symantec.exe)が存在する)

ユーザーがログオンすると、最初にセッションポリシーが適用されます。エンドポイントの分析が失敗した場合、またはユーザーがスキャンをスキップした場合、Citrix Gateway はセッションポリシーの設定を無視します(セッションポリシーの式はfalseとみなされます)。その結果、ユーザは Web Interface またはクライアントレスアクセスを使用したアクセスが制限されます。エンドポイントの分析に成功すると、Citrix Gateway はセッションポリシーを適用し、ユーザーはCitrix Gatewayプラグインを使用してフルにアクセスできます。

ユーザー・ログオン・オプションの評価