ユーザデバイスのセキュリティ事前認証式の設定

Citrix Gateway では、ユーザーのログオン時やセッション中の他の構成時にさまざまなエンドポイントセキュリティチェックが提供され、セキュリティの向上に役立ちます。Citrix Gateway セッションを確立できるのは、これらのセキュリティチェックに合格したユーザーデバイスだけです。

Citrix Gateway 上で構成できるユーザーデバイスのセキュリティチェックの種類を次に示します。

  • アンチスパム
  • アンチウイルス
  • ファイル・ポリシー
  • インターネットセキュリティ
  • OS
  • パーソナルファイアウォール
  • プロセスポリシー
  • レジストリポリシー
  • サービスポリシー

ユーザーデバイスでセキュリティチェックが失敗した場合、後続のチェックに合格するまで新しい接続は行われません(定期的なチェックの場合)。ただし、既存の接続を通過するトラフィックは、Citrix Gateway を経由してトンネルされ続けます。

設定ユーティリティを使用すると、ユーザデバイス上でセキュリティチェックを実行するように設計されたセッションポリシー内で、事前認証ポリシーまたはセキュリティ表現を設定できます。

ユーザデバイスのセキュリティ事前認証式の設定