オペレーティングシステムポリシーの構成

セッションまたは事前認証ポリシーを作成するときに、クライアントのセキュリティ文字列を構成して、ユーザーのログオン時にユーザーデバイスが特定のオペレーティングシステムを実行しているかどうかを判断できます。また、式を構成して、特定の Service Pack または修正プログラムを確認することもできます。

Windows および Macintosh の値は次のとおりです。

OS
Mac OS X macos
Windows 8.1 win8.1
Windows 8 win8
Windows 7 win7
Windows Vista vista
Windows XP winxp
Windows Server 2008 win2008
Windows Server 2003 win2003
Windows 2000 Server win2000
Windows 64-bit platform win64

オペレーティングシステムポリシーを構成するには

  1. 構成ユーティリティのナビゲーションペインで、次のいずれかの操作を行います。
    1. 構成ユーティリティーの構成タブのナビゲーションペインで、[Citrix Gateway]>[ポリシー]の順に展開し、[セッション]をクリックします。
    2. 構成ユーティリティの [構成] タブのナビゲーションペインで、[Citrix Gateway]、[ポリシー]、[認証/承認] の順に展開し、[認証前EPA] をクリックします。
  2. 詳細ウィンドウの [ポリシー] タブで、[追加] をクリックします。
  3. [名前] に、ポリシーの名前を入力します。
  4. [任意の式と一致] の横にある [追加] をクリックします。
  5. [式の追加] ダイアログボックスの [式の種類] で、[クライアントセキュリティ] を選択します。
  6. 次の設定を行います。
    1. 「コンポーネント」で、「オペレーティング・システム」を選択します。
    2. [名前] に、オペレーティングシステムの名前を入力します。
    3. 「修飾子」で、次のいずれかの操作を行います。
      • 空白のままにします。
      • [サービスパック] を選択します。
      • 「修正プログラム」を選択します。
      • 「バージョン」(Mac OS X のみ) を選択します。
    4. 手順Cでの選択に応じて、「演算子」で次のいずれかの操作を行います。
      • 修飾子が空白の場合は、「演算子」で「等式 (= =)」、「NOTEQUAL (!」 =)、存在または注意事項。
      • [サービスパック] または [修正プログラム] を選択した場合は、演算子を選択し、[値] に値を入力します。
  7. [Create] をクリックしてから、[Close] をクリックします。

client.os(winxp).spなどのサービスパックを構成する場合、[値]フィールドに数値が含まれていない場合、式が無効であるため、Citrix Gateway からエラーメッセージが返されます。

オペレーティングシステムに Service Pack 3 や Service Pack 4 などのサービスパックが存在する場合は、Service Pack 4 の存在が自動的に以前のサービスパックが存在することを示すため、Service Pack 4 のチェックのみを構成できます。