認証後ポリシーの設定

認証後のポリシーは、セッションをアクティブに保つためにユーザーデバイスが満たす必要のある汎用規則のセットです。ポリシーが失敗すると、Citrix Gateway への接続は終了します。認証後のポリシーを構成する場合、条件付きにできるユーザー接続の設定を構成できます。

注: この機能は、Citrix Gateway プラグインでのみ機能します。ユーザーがCitrix Workspace アプリでログオンした場合、エンドポイント分析スキャンはログオン時にのみ実行されます。

セッションポリシーを使用して、認証後のポリシーを設定します。まず、ポリシーを適用するユーザーを作成します。次に、ユーザーをグループに追加します。次に、セッション、トラフィックポリシー、およびイントラネットアプリケーションをグループにバインドします。

承認グループとしてグループを指定することもできます。このタイプのグループでは、セッションポリシー内のクライアントセキュリティ表現に基づいて、ユーザーをグループに割り当てることができます。

また、ユーザーデバイスがポリシーの要件を満たしていない場合に、ユーザーを隔離グループに入れるように認証後のポリシーを設定することもできます。単純なポリシーには、クライアントセキュリティ式とクライアントセキュリティメッセージが含まれます。ユーザーが検疫グループに属している場合、ユーザーはCitrix Gateway にログオンできますが、ネットワークリソースへのアクセスは制限されます。

同じセッションプロファイルとポリシーを使用して、承認グループと検疫グループを作成することはできません。認証後のポリシーを作成する手順は同じです。セッションポリシーを作成するときは、承認グループまたは検疫グループを選択します。2 つのセッションポリシーを作成し、各ポリシーをグループにバインドできます。

認証後のポリシーは、SmartAccess でも使用されます。SmartAccessについて詳しくは、「Citrix Gateway でのSmartAccess 構成」を参照してください。