認証後スキャンの頻度の設定

指定した間隔で認証後のポリシーを実行するようにCitrix Gateway を構成できます。たとえば、クライアントセキュリティポリシーを構成し、10分ごとにユーザーデバイスで実行するとします。この頻度は、ポリシー内でカスタム式を作成することによって設定できます。

注: 認証後のポリシーの頻度チェック機能は、Citrix Gateway プラグインでのみ機能します。ユーザーがCitrix Workspace アプリでログオンした場合、エンドポイント分析スキャンはログオン時にのみ実行されます。

この手順認証後ポリシーの設定に従って、クライアントセキュリティポリシーを構成するときに、頻度 (分単位) を設定できます。次の図は、[式の追加] ダイアログボックスで頻度値を入力できる場所を示しています。

図1:認証後のスキャンの頻度を設定するためのダイアログボックス

認証後のスキャンの頻度を設定するためのダイアログ・ボックスの図が表示されます。

認証後スキャンの頻度の設定