隔離グループの設定

隔離グループを構成する場合、セッションプロファイル内の [セキュリティ設定-詳細設定] ダイアログボックスを使用して、クライアントセキュリティ式を構成します。

検疫グループのクライアントセキュリティ式を構成するには

  1. 構成ユーティリティーの構成タブのナビゲーションペインで、[Citrix Gateway]>[ポリシー]の順に展開し、[セッション]をクリックします。
  2. 詳細ウィンドウの [ポリシー] タブで、[追加] をクリックします。
  3. [名前] に、ポリシーの名前を入力します。
  4. [プロファイルの要求] の横にある [新規] をクリックします。
  5. [名前] に、プロファイルの名前を入力します。
  6. [セキュリティ] タブで、[詳細設定] をクリックします。
  7. [クライアントセキュリティ] で、[グローバルに上書き] をクリックし、[新規] をクリックします。
  8. [クライアント式] ダイアログボックスで、クライアントセキュリティ式を構成し、[作成] をクリックします。
  9. [検疫グループ] で、グループを選択します。
  10. [エラーメッセージ] で、ユーザーの問題を説明するメッセージを入力し、[作成] をクリックします。
  11. [セッションポリシーの作成] ダイアログボックスで、[名前付き式] の横にある [全般]、[True value]、[式の追加]、[作成]、[閉じる] の順にクリックします。

セッション・ポリシーを作成したら、ユーザー、グループ、または仮想サーバーにバインドします。

エンドポイント分析スキャンが失敗し、ユーザーが検疫グループに入った場合、検疫グループにバインドされたポリシーは、その検疫グループにバインドされたポリシーと同等または低い優先順位を持つユーザーに直接バインドされたポリシーがない場合にのみ有効になります。

グローバル隔離グループを構成するには

  1. 構成ユーティリティの[構成]タブのナビゲーションペインで Citrix Gateway を展開し、[グローバル設定]をクリックします。
  2. 詳細ウィンドウで、[設定] の [グローバル設定の変更] をクリックします。
  3. [セキュリティ] タブで、[詳細設定] をクリックします。
  4. [クライアントセキュリティ] で、クライアントセキュリティ式を構成します。
  5. [検疫グループ] で、グループを選択します。
  6. [エラーメッセージ] で、ユーザーの問題を説明するメッセージを入力し、[OK] をクリックします。