事前認証ポリシーのバインド

事前認証またはクライアントセキュリティセッションポリシーを作成したら、ポリシーを適用するレベルにバインドします。事前認証ポリシーは、仮想サーバに、またはグローバルにバインドできます。

事前認証ポリシーをグローバルに作成およびバインドするには

  1. 構成ユーティリティの[構成]タブのナビゲーションペインで Citrix Gateway を展開し、[グローバル設定]をクリックします。
  2. 詳細ウィンドウで、[事前認証設定の変更] をクリックします。
  3. [グローバル事前認証設定] ダイアログボックスの [操作] で、[許可] または [拒否] を選択します。
  4. [名前] に、ポリシーの名前を入力します。
  5. [グローバル事前認証 settigns] ダイアログボックスで、[名前付き式] の横にある [全般]、[True value]、[式の追加]、[作成]、[閉じる] の順にクリックします。

事前認証ポリシーを仮想サーバにバインドするには

  1. 構成ユーティリティの [構成] タブのナビゲーションペインで、[Citrix Gateway] を展開し、[仮想サーバー] をクリックします。
  2. 詳細ウィンドウで、仮想サーバーを選択し、[開く] をクリックします。
  3. Citrix Gateway 仮想サーバーの構成]ダイアログボックスで、[ポリシー]タブをクリックし、[事前認証]をクリックします。
  4. [詳細] の [ポリシーの挿入] をクリックし、[ポリシー名] で事前認証ポリシーを選択します。
  5. [OK] をクリックします。