カスタム式の設定

カスタム式は、ポリシー内に作成する式です。式を作成するときは、式のパラメータを設定します。

カスタムクライアントセキュリティ式を作成して、よく使用されるクライアントセキュリティ文字列を参照することもできます。これにより、事前認証ポリシーの設定プロセスや、設定済みの式のメンテナンスが容易になります。

たとえば、Symantec AntiVirus 10 用のカスタムのクライアントセキュリティ式を作成し、ウイルス定義が 3 日以内であることを確認します。新しいポリシーを作成し、ウイルス定義を指定する式を構成します。

次の手順は、事前認証ポリシーでクライアントセキュリティポリシーを作成する方法を示しています。セッションポリシーで同じ手順を使用できます。

事前認証ポリシーとカスタムクライアントセキュリティ式を作成するには

  1. 構成ユーティリティの [構成] タブのナビゲーションペインで、[Citrix Gateway]、[ポリシー]、[認証/承認] の順に展開し、[認証前EPA] をクリックします。
  2. 詳細ウィンドウで、[追加] をクリックします。[事前認証ポリシーの作成] ダイアログボックスが表示されます。
  3. [名前] に、ポリシーの名前を入力します。
  4. [プロファイルの要求] の横にある [新規] をクリックします。
  5. [認証プロファイルの作成] ダイアログボックスの [名前] にプロファイルの名前を入力し、[操作] で [許可] を選択し、[作成] をクリックします。
  6. [事前認証ポリシーの作成] ダイアログボックスで、[任意の式に一致] の横にある [追加] をクリックします。
  7. 「式の種類」で、「クライアント・セキュリティ」を選択します。
  8. 次のオプションを構成します:
    1. [コンポーネント] で、[アンチウイルス] を選択します。
    2. [名前] に、アプリケーションの名前を入力します。
    3. 「修飾子」で、「バージョン」を選択します。
    4. 「演算子」で「= =」を選択します。
    5. [値] に値を入力します。
    6. [鮮度] に 3 と入力し、[OK] をクリックします。
  9. [事前認証ポリシーの作成] ダイアログボックスで、[作成] をクリックし、[閉じる] をクリックします。

カスタム式を構成すると、ポリシーダイアログボックスの [式] ボックスにカスタム式が追加されます。