エンドポイント分析式の設定

事前認証およびクライアントセキュリティセッションポリシーには、プロファイルと式が含まれます。ポリシーには、1 つのプロファイルと複数の式を含めることができます。ユーザーデバイスをスキャンしてアプリケーション、ファイル、プロセス、またはレジストリエントリを検索するには、ポリシー内に式または複合式を作成します。

式のタイプ

式は、式タイプと式のパラメータで構成されます。式には、次のタイプがあります。

  • 一般
  • クライアントのセキュリティ
  • ネットワークベース

事前認証ポリシーへの事前設定式の追加

Citrix Gateway には、名前付き式と呼ばれる構成済みの式が付属しています。ポリシーを設定する場合、ポリシーに名前付き式を使用できます。たとえば、事前認証ポリシーで、ウイルス定義が更新された Symantec AntiVirus 10 の有無を確認するとします。事前認証ポリシーを作成し、次の手順に従って式を追加します。

事前認証またはセッションポリシーを作成するときに、ポリシーを作成するときに式を作成できます。その後、式を使用してポリシーを仮想サーバに適用するか、グローバルに適用できます。

次の手順では、構成ユーティリティを使用して、構成済みのウイルス対策式をポリシーに追加する方法について説明します。

事前認証ポリシーに名前付き式を追加するには

  1. 構成ユーティリティの [構成] タブのナビゲーションペインで、[Citrix Gateway]、[ポリシー]、[認証/承認] の順に展開し、[認証前EPA] をクリックします。
  2. 詳細ペインでポリシーを選択し、[開く] をクリックします。
  3. [名前付き式] の横にある [アンチウイルス] を選択し、一覧からウイルス対策製品を選択し、[式の追加]、[作成]、[閉じる] の順にクリックします。