Active Directory からのCitrix Gateway プラグインの展開

ユーザーデバイスにCitrix Gateway プラグインをインストールするための管理者権限がない場合は、Active Directory からユーザー用にプラグインを展開できます。

この方法を使用してCitrix Gateway プラグインを展開する場合、インストールプログラムを抽出し、グループポリシーを使用してプログラムを展開できます。このタイプの展開の一般的な手順は次のとおりです。

  • MSI パッケージを抽出しています。
  • グループポリシーを使用してプラグインを配布する。
  • 配布ポイントを作成する。
  • グループポリシーオブジェクトを使用してCitrix Gateway プラグインパッケージを割り当てます。 注:Active Directory からのCitrix Gateway プラグインの配布は、Windows XP、Windows Vista、Windows 7およびWindows 8でのみサポートされています。

MSIパッケージは、構成ユーティリティまたはCitrix のWebサイトからダウンロードできます。

構成ユーティリティからCitrix Gateway プラグインのMSIパッケージをダウンロードするには

  1. 構成ユーティリティで、[ダウンロード] をクリックします。

  2. [Citrix Gateway プラグイン]で[Windows用Citrix Gatewayプラグインのダウンロード]をクリックし、nsvpnc_setup.exeファイルをWindowsサーバーに保存します。

    注:[ ファイルのダウンロード] ダイアログボックスが表示されない場合は、Ctrl キーを押しながら [Citrix Gateway Plugin for Windows をダウンロード] リンクをクリックします。

  3. コマンドプロンプトで、nsvpnc_setup.exe を保存したフォルダに移動し、次のように入力します。

    setup /c

    これにより、agee.msi ファイルが抽出されます。

  4. 解凍したファイルを Windows サーバ上のフォルダに保存します。

ファイルを抽出した後、Windows Server のグループポリシーを使用してファイルを配布します。

配布を開始する前に、グループポリシー管理コンソールを Windows Server 2003、Windows Server 2008、または Windows Server 2012 にインストールします。詳細については、Windows のオンラインヘルプを参照してください。

注:グループポリシーを使用してCitrix Gateway プラグインを公開する場合は、パッケージをユーザーデバイスに割り当てることをお勧めします。MSI パッケージは、デバイスごとにインストールされるように設計されています。

ソフトウェアを配布する前に、Microsoft インターネットセキュリティとアクセラレータ (ISA) サーバーなどの公開サーバー上のネットワーク共有に配布ポイントを作成します。

配布ポイントを作成するには

  1. 管理者として公開サーバーにログオンします。
  2. フォルダーを作成し、配布パッケージにアクセスする必要があるすべてのアカウントの読み取りアクセス許可を持つネットワーク上で共有します。
  3. コマンドプロンプトで、解凍したファイルを保存するフォルダに移動し、「msiexec-a agee.msi」と入力します。
  4. [ネットワークの場所]画面で[変更]をクリックし、Citrix Gateway プラグインの管理インストールを作成する共有フォルダーに移動します。
  5. [OK] をクリックし、[インストール] をクリックします。

展開したパッケージをネットワーク共有に配置した後、Windows のグループポリシーオブジェクトにパッケージを割り当てます。

Citrix Gateway プラグインを管理ソフトウェアパッケージとして正常に構成すると、ユーザーデバイスの次回起動時にプラグインが自動的にインストールされます。

注: インストールパッケージがコンピュータに割り当てられている場合、ユーザーはコンピュータを再起動する必要があります。

インストールが開始されると、Citrix Gateway プラグインがインストール中であることを示すメッセージが表示されます。