Active Directory を使用したCitrix Gateway プラグインのアップグレードと削除

Citrix Gateway プラグインの各リリースは、パッチとしてではなく、完全な製品インストールとしてパッケージ化されています。ユーザーがログオンし、Citrix Gateway プラグインが新しいバージョンのプラグインを検出すると、プラグインは自動的にアップグレードされます。また、Active Directory を使用してアップグレードするためにCitrix Gateway プラグインを展開することもできます。

これを行うには、Citrix Gateway プラグイン用の新しい配布ポイントを作成します。新しいグループポリシーオブジェクトを作成し、新しいバージョンのプラグインを割り当てます。次に、新しいパッケージと既存のパッケージ間のリンクを作成します。リンクを作成すると、Citrix Gateway プラグインが更新されます。

ユーザーデバイスからのCitrix Gateway プラグインの削除

ユーザーデバイスからCitrix Gateway プラグインを削除するには、グループポリシーオブジェクトエディターから割り当てられたパッケージを削除します。

ユーザーデバイスからプラグインを削除すると、プラグインがアンインストール中であることを示すメッセージが表示されます。

Active Directory を使用したCitrix Gateway プラグインのアップグレードと削除