Citrix Gateway プラグインのアップグレード制御

概要

システム管理者は、Citrix ADCプラグインのバージョンがCitrix Gatewayのリビジョンと一致しない場合のCitrix ADCプラグインの動作を制御します。新しいオプションは、Mac、Windows、またはオペレーティングシステムのプラグインのアップグレード動作を制御します。

VPNプラグインの場合、Citrix ADCユーザーインターフェイスの2つの場所でアップグレードオプションを設定できます。

  • グローバル設定で
  • セッション・プロファイル・レベルで

プラグインの動作

Citrix Gateway では、クライアントの種類ごとに、以下の3つのオプションを使用してプラグインのアップグレード動作を制御できます。

a.[ 常に表示]

エンドユーザーのプラグインのバージョンがCitrix ADCに同梱されているプラグインと一致しない場合、プラグインは常にアップグレードされます。これはデフォルトの動作です。エンタープライズで複数のプラグインバージョンを実行したくない場合は、このオプションを選択します。

b. エッセンシャル (およびセキュリティ)

プラグインが必要と判断された場合にのみアップグレードされました。次の2つの状況においては、アップグレードが必要と判断されます。

  • インストールされているプラグインは、現在のCitrix ADCバージョンと互換性がありません。

  • インストールされたプラグインは、必要なセキュリティ修正のために更新する必要があります。

プラグインのアップグレード回数を最小限に抑えるが、プラグインのセキュリティ更新プログラムを見逃したくない場合は、このオプションを選択する必要があります。

c.[ なし]

プラグインはアップグレードされません。

VPN プラグインのアップグレードを制御するための CLI パラメータ

Citrix Gateway は、WindowsおよびMacオペレーティングシステム用の2種類のプラグイン(EPAとVPN)をサポートしています。セッションレベルでVPNプラグインのアップグレード制御をサポートするために、Citrix Gateway では、WindowsinPluginUpgradeとMacPluginUpgradeという2つのセッションプロファイルパラメーターがサポートされています。

これらのパラメータは、グローバル、仮想サーバ、グループ、およびユーザレベルで使用できます。各パラメータには、常に、必須、または絶対に設定できます。これらのパラメータの詳細については、プラグインの動作を参照してください。

EPA プラグインのアップグレードを制御するための CLI パラメータ

Citrix Gateway は、WindowsおよびMacオペレーティングシステム用のEPAプラグインをサポートしています。仮想サーバーレベルでEPAプラグインのアップグレード制御をサポートするために、Citrix Gateway では、ウィンドウEPAプラグインアップグレードとmacEPAプラグインアップグレードという2つの仮想サーバーパラメーターがサポートされています。

パラメーターは、仮想サーバーレベルで使用できます。各パラメータには、常に、必須、または絶対に設定できます。これらのパラメーターの説明については、プラグインの動作を参照してください。

VPN 構成

Windows、Linux、Mac プラグインの VPN 設定については、以下の手順に従ってください。

  1. [Citrix NetScaler> ポリシー]>[セッション]の順に選択します。

    ローカライズされた画像

  2. 目的のセッションポリシーを選択し、[ Edit] をクリックします。

    ローカライズされた画像

  3. [ + ] アイコンをクリックします。

    ローカライズされた画像

  4. [ クライアントエクスペリエンス ] タブを選択します。

    ローカライズされた画像

  5. これらのダイアログボックスのオプションは、アップグレードの動作に影響します。

    • 常に

    • 必須

    • なし

既定値は [常時] です。

  1. 各オプションの右側にあるチェックボックスをオンにします。アップグレード動作を適用する頻度を選択します。

    ローカライズされた画像

EPA構成

Windows、Linux、AppleプラグインのEPA構成については、以下の手順に従ってください。

1. Citrix Gateway >[仮想サーバー]の順に選択します。

ローカライズされた画像

2. サーバを選択し、[ 編集 ] ボタンをクリックします。

ローカライズされた画像

      3.鉛筆 アイコンをクリックします。

ローカライズされた画像

      4. [ 詳細] をクリックします。

ローカライズされた画像

5. 表示されるダイアログボックスは、アップグレードの動作に影響します。使用可能なオプションは次のとおりです。

  • 常に
  • 必須
  • なし

ローカライズされた画像

要件

  • Windows の EPA および VPN プラグインのバージョンは 11.0.0.0 より大きくする必要があります。

  • Mac EPA プラグインのバージョンは 3.0.0.31 より大きくなければなりません

  • Mac VPN プラグインのバージョンは 3.1.4 (357) より大きくなければなりません。

注: Citrix ADCを11.0リリースにアップグレードすると、アップグレード制御の構成に関係なく、以前のすべてのVPN(およびEPA)プラグインが最新バージョンにアップグレードされます。以降のアップグレードでは、上記のアップグレード制御設定を尊重します。