ICA接続用のIPv6の構成

Citrix Gateway は、ICA接続用のIPv6アドレスをサポートします。IPv6を使用したWeb InterfaceまたはStoreFront への接続は、IPv4接続と同じように機能します。ユーザーがCitrix Gateway のWebアドレスを使用して接続すると、Citrix GatewayはWeb InterfaceまたはStoreFront への接続をプロキシします。

1つのDMZに展開されたCitrix Gateway またはダブルホップDMZに展開されたCitrix Gateway用にIPv6を構成できます。

Citrix Gateway でIPv6を有効にするには、コマンドラインを使用します。次のガイドラインを使用できます。

  • アプライアンスで IPv6 を有効にします。

  • サブネット IP アドレスを設定します。

  • DNS 解決の順序を設定します。

  • Web InterfaceまたはStoreFront のWebアドレスを設定します。

  • Secure Ticket Authority(STA)をCitrix Gateway にバインドします。

デフォルトでは、マッピング IP アドレスは IPv6 アドレスをサポートしません。ユーザー通信を内部ネットワークにルーティングするには、サブネットIPアドレスを作成し、サブネットIPアドレスを使用するようにCitrix Gateway を設定する必要があります。

ネットワーク内に複数のIPv6サブネットを展開する場合は、Citrix Gateway で、ネットワーク上の各サブネットに対して複数のIPv6サブネットIPアドレスを作成します。ネットワークルーティングは、サブネット IP アドレスを使用して IPv6 パケットをそれぞれのサブネットに送信します。

ICAプロキシ用にIPv6を構成するには

ICAプロキシ用にIPv6を構成するには:

  1. PuTTYなどのセキュアシェル(SSH)接続を使用して、Citrix Gateway にログオンします。

  2. コマンドプロンプトで、ns 機能を有効にする IPv6PT と入力します。これにより、IPv6 が有効になります。

  3. コマンドプロンプトで、ns モードを有効にする USNIP と入力します。これにより、サブネット IP アドレスの使用が可能になります。

  4. コマンドプロンプトで、次のように入力します。set dns parameter –resolutionOrder AAAAThenAQuery AThenAAAAQuery OnlyAAAAQuery OnlyAQuery

  5. コマンドプロンプトで、「set vpn parameter -wihome http://XD_domain/Citrix/StoreWeb」と入力します。

ここで、<XD_domain>はStoreFront のドメイン名またはIPアドレスです。

たとえば、set vpn parameter -wihome http://storefront.domain.com/Citrix/StoreWeb

または

set vpn parameter -wihome http://[1000:2000::3000]/Citrix/StoreWeb

IPv6 アドレスを使用してこのパラメータを構成する場合は、IP アドレスを括弧で囲む必要があります。