Citrix WorkspaceアプリへのCitrix Gatewayプラグインの追加

ユーザーデバイスにCitrix Workspace アプリをインストールすると、ユーザーはCitrix Workspaceアプリを介してCitrix Gateway プラグインを使用してログオンできます。 Citrix Gateway プラグインをMerchandising Server アップロードすると、プラグインがユーザーデバイスのCitrix Workspace アプリにダウンロードされてインストールされます。ユーザーがCitrix Workspaceアプリを初めてインストールするときにCitrix Gatewayプラグインをインストールしている場合、プラグインは自動的にCitrix Workspaceアプリに追加されます。

ユーザーデバイスへのプラグインの配信

プラグインをユーザーデバイスに配信するには、Merchandising ServerにCitrix Gateway プラグインをアップロードして構成する必要があります。ユーザーが選択すると、プラグインはMerchandising Serverからダウンロードおよびインストールされます。

ユーザーがCitrix Gateway プラグインをインストールした後、Citrix Workspace アプリをインストールすると、Citrix Workspaceアプリのインストールが完了すると、Citrix WorkspaceアプリのメニューにCitrix Gatewayプラグインが表示されます。

ユーザーがWindows用のCitrix Workspace アプリを持っている場合、ユーザーはWindows用のCitrix Workspaceアプリアップデーターをインストールできます。これは、プラグインを更新し、Merchandising Serverと通信するオプションのコンポーネントです。Citrix Workspace アプリには、Citrix Gateway プラグインを含め、配信可能なすべてのプラグインが含まれています。Windows用Citrix Workspace アプリアップデーターの詳細については、Citrix eDocsライブラリにあるCitrix Workspaceアプリとプラグインのセクションを参照してください。

Citrix Workspaceアプリを使用したCitrix Gatewayへの接続

ユーザーがWindows用のCitrix Workspace アプリに接続する場合、通知領域でCitrix Workspaceアプリのアイコンを右クリックし、[環境設定]をクリックして、[プラグインの状態]をクリックします。Citrix Gateway プラグインがユーザーデバイスにインストールされている場合、ユーザーはCitrix Gatewayプラグインを右クリックし、[ログオン]をクリックします。認証が成功すると、Citrix Gateway プラグインはCitrix Gatewayへの接続を確立し、完全なVPNトンネルを確立します。

ユーザーは、Web ブラウザを使用してログオンすることもできます。ユーザーは、Citrix Gateway の完全修飾ドメイン名(FQDN)を入力し、ログオンします。Citrix Gateway が接続を確立すると、ユーザーはCitrix Workspace アプリの[環境設定]>[プラグインのステータス]パネルで接続を確認できます。

Citrix Gateway のWebアドレスは、Merchandising Server で構成されたメタデータの一部であり、ユーザーはアドレスを変更できません。Citrix Gateway プラグインにより、Citrix Gateway へのログオンが開始されます。ユーザーデバイスにインストールされているWindows用のCitrix Gateway プラグインのバージョンがCitrix Gatewayアプライアンスのバージョンと異なる場合は、ユーザーがログオンしたときにプラグインが自動的にダウングレードまたはアップグレードされます。Mac OS X用のCitrix Gateway プラグインは自動的にダウングレードされません。以前のバージョンのプラグインをMacコンピュータにインストールするには、まずCitrix Gatewayプラグインをアンインストールしてから、Citrix Gatewayから以前のバージョンをダウンロードする必要があります。

Citrix Gateway プラグインのアップグレードまたはダウングレード

Citrix Gateway プラグインのアップグレードまたはダウングレード中に、アプライアンスは正しいバージョンのプラグインを削除、ダウンロード、インストールします。ユーザーは、Citrix Workspace アプリの[環境設定]>[プラグインのステータス]パネルでプラグインのエントリを確認することで、新しいインストールを確認できます。 新しくインストールしたCitrix Gateway プラグインのバージョンは、Merchandising Server で設定したバージョンとは異なる場合があります。

Citrix Gateway プラグインをMerchandising Server に追加する

また、Citrix Gateway プラグインの配信をMerchandising Server で構成することもできます。マーチャンダイジングサーバーでは、Citrix Gateway プラグインのMSIインストールパッケージをアップロードできるWeb構成インターフェイスが提供されます。Merchandising Server では、次の操作を実行できます。

  • Citrix Gateway プラグインのバージョンとメタデータを指定します。

  • Citrix Gateway アプライアンスの1つまたは複数のWebアドレスを構成します。

  • オペレーティングシステムまたはその他のパラメータに基づいて特定のルールを関連付けます。

ユーザーは、Merchandising Serverで構成されたサーバーのリストからサーバーを追加または削除することはできませんが、Citrix Workspace アプリのネットワーク設定パネルの構成済みリストから別のサーバーを選択することはできます。

アクセスシナリオのフォールバックまたは負荷分散を使用している場合は、Citrix Gateway のWebアドレスの固定セットを構成し、Merchandising Server デフォルトのアドレスとして指定することができます。ユーザーは、Citrix Workspace アプリのメニューから[ログオン]を選択すると、デフォルトのサーバーに接続します。ユーザーは、Citrix Workspace アプリの[環境設定]>[ネットワーク設定]パネルを使用して、表示されたリストから別のアドレスを選択できます。

ユーザーは、引き続きWebブラウザーを使用して任意のCitrix Gateway にログオンできます。ユーザーがWebブラウザーを使用してログオンすると、Citrix Gateway プラグインは自動的にCitrix Gatewayのバージョンにアップグレードまたはダウングレードされます。

以下に、Citrix Gateway プラグインをMerchandising Server に追加する一般的な手順を示します。具体的な構成手順については、Citrix eDocsライブラリの「テクノロジー」セクションの「Merchandising Server」を参照してください。

  • Merchandising Server 管理コンソールの [全般] タブで設定を構成します。

  • Citrix Gateway プラグインをMerchandising Server に追加します。

  • ターゲット・プラットフォームに適したプラグイン・バージョンを選択します。Citrix Gateway プラグインを商品配信に追加ページにプラグインを表示するには、Merchandising Server メインページに追加する必要があります。

  • Citrix Gateway プラグインの配信を構成します。

  • Citrix Gateway のWebアドレスを識別する場所のわかりやすい名前を使用します。この名前は、Citrix Workspace アプリに表示されます。 Citrix Gateway アプライアンスを追加することもできます。

  • 認証の種類を指定し、ユーザー名、パスワード、暗証番号(PIN)など、Citrix Workspace アプリのログオンダイアログボックスに表示される特定のラベルをカスタマイズします。

  • 配送のルールを追加します。

  • [配信へのルールの追加] ページにルールを表示する場合は、ルールを作成する必要があります。

  • 配送のスケジュールを設定します。