Citrix 製品との統合

Citrix Gatewayのインストールと構成を担当するシステム管理者は、Citrix Endpoint Management、StoreFront、およびWeb Interfaceで動作するようにアプライアンスを構成できます。

ユーザーは、内部ネットワークまたはリモートの場所から直接 Endpoint Management に接続できます。ユーザーが接続すると、Web、SaaS、およびモバイルアプリにアクセスできます。また、ShareFileにあるドキュメントをどのデバイスからでも操作できます。

Citrix Gateway を介したサーバーファームへのユーザー接続を許可するには、StoreFront またはWeb Interface、およびCitrix Gatewayで設定を構成します。ユーザーが接続すると、公開アプリケーションおよび仮想デスクトップにアクセスできます。

Citrix Gateway をEndpoint Management、StoreFront およびWeb Interfaceと統合するための構成手順は、次のことを前提としています。

  • Citrix Gateway はDMZ内に存在し、既存のネットワークに接続されています。
  • Citrix Gateway はスタンドアロンアプライアンスとして展開され、リモートユーザーはCitrix Gateway に直接接続します。
  • StoreFront、Endpoint Management、Citrix Virtual Apps、Citrix Virtual Desktops、およびWeb Interfaceは、安全なネットワークに存在します。
  • ShareFile は、Endpoint Management で設定されます。ShareFileの詳細については、ShareFileトピックとユーザーアクセス用のShareFile 構成トピックを参照してください。

StoreFront とEndpoint Management 展開方法は、モバイルデバイスに提供するアプリによって異なります。MDX ToolkitでラップされたMDXアプリにユーザーがアクセスできる場合、Endpoint Management はセキュアネットワークのStoreFront の前に存在します。MDXアプリケーションへのアクセスを提供しない場合、StoreFront はセキュアネットワークのEndpoint Management の前に存在します。

Citrix 製品との統合