リリースノート

リリースノートでは、サービスリリースで利用できる新機能、既存機能の拡張、修正された問題、既知の問題について説明します。リリースノートには、次のセクションの 1 つまたは複数が含まれます。

新機能:現在のリリースで利用可能な新機能と拡張機能。

修正された問題:現在のリリースで修正された問題。

既知の問題:現在のリリースに存在する問題とその回避策 (該当する場合)。

V22.06.1 (20-Sep-2022)

新着情報

  • EPA ライブラリが 4.3.2523.0 (1.3.7.5) に更新されました

解決された問題

  • EPA スキャンによる nFactor 認証は macOS クライアントでは機能しません。

    [NSHELP-32182-macOS]

  • macOS用のSecure Access Agentのホームページでは、選択したテーマ(明るいまたは暗い)に応じて、ハンバーガーメニューの左と上部に白または黒の余分なパディングが表示されます。

    [CGOP-19353-macOS]

  • VPN にログインするときに、デバイス証明書が設定されていれば、WebView ウィンドウが最初の試行で最小化されます。

    [CGOP-19354-macOS]

  • Citrix ADCアプライアンスでGSLBが有効になっていると、macOSクライアント上のCitrix Secure Accessアプリでエンドポイント分析が機能しません。

    [CGOP-21634-macOS]

  • 設定したアプリケーション名にスペースが含まれている場合にアプリケーションにアクセスしようとしても、macOS クライアントに「セキュリティ強化有効」ポップアップが表示されません。

    [ACS-2632-macOS]

  • デバイスに適切なクライアント証明書がない場合、オプションのクライアント証明書による nFactor 認証は失敗します。

    [NSHELP-32127-iOS]

  • Chrome を使用する Mac デバイスで、2 つの FQDN にアクセス中に VPN 拡張機能がクラッシュします。

    [NSHELP-32144]

  • Citrix Secure Accessは、ゲートウェイから誤ったロケーション値を受信するとクラッシュします。これは、管理者が別のホストにリダイレクトするレスポンダーポリシーを定義した場合に発生する可能性があります。

    [NSHELP-32312]

  • Citrix Secure Accessによって確立されたトンネルの外部にあるリソースへの直接接続は、大幅な遅延または輻輳が発生すると失敗することがあります。

    [NSHELP-31598]

V3.2.4.9-macOS 用 EPA プラグイン (2022 年 8 月 1 日)

解決された問題

  • Citrix Endpoint Analysisプラグインは、Google Chromeブラウザバージョン104からのプライベートネットワークアクセスのプリフライトリクエストを処理しません。

    [CGOP-20709]

  • macOS用Citrix Endpoint AnalysisプラグインはGSLBをサポートしていません。

    [CGOP-21543]

既知の問題

  • macOS用Citrix Endpoint AnalysisプラグインをGoogle Chromeブラウザバージョン104から起動すると、重複した同意ダイアログボックスが表示されます。ユーザーは両方のプロンプトを受け入れる必要があります。

    [CGOP-21751]

V22.03.1 (14-Jun-2022)

新着情報

  • EPA ライブラリは 4.3.2393.0 に更新されました。

解決された問題

  • 検索リストに追加の DNS ドメインが追加されます。これは、スプリットトンネルが「スプリット」または「両方」に設定されている場合、指定されたドメインとそのサブドメインのみがトンネリングされないためです。指定したドメインが A.B.C の場合、A.B.C と *.A.B.C に加えて B.C も一致します。

    [CGOP-21657]

  • PAC ファイルを使用しない HTTP/HTTPS プロキシ設定は壊れています。

    [CGOP-21660]

V22.02.3 (24-Mar-2022)

新着情報

  • Citrix Secure Access for macOSは、クラウドワークスペース接続のクライアントからのすべてのTCPデータ接続でサービスノードのFQDNを解決します。すべての TCP データ接続でサービスノードの FQDN を解決することは、オンプレミスのゲートウェイ接続には適用されません。

    [ACS-1068]

解決された問題

  • 場合によっては、ポート53を使用する一部の非DNSプロトコル(STUNなど)の問題が原因で、macOS向けのCitrix Secure Accessが接続を切断することがあります。

    [NSHELP-31004]

  • Citrix Secure Accessアプリは、接続が確立された直後にサーバーがクライアントの前にデータを送信すると、一部のプロトコルを中断します。

    [NSHELP-29374]

  • ユーザーが認証を完了せずにmacOS用Citrix Secure Access Agentの認証ウィンドウを閉じると、アプリを再起動するまでサーバーへの接続試行は失敗します。

    [ACS-2415]

  • macOS向けCitrix Secure Access Agentは、OPSWAT ライブラリバージョン4.3.2367.0にバンドルされました

    [NSHELP-30802]

  • macOS向けCitrix Secure Accessは、認証後のEPAチェックの実行に予想よりも長い時間がかかります。

    [NSHELP-29118]

既知の問題

  • macOS向けCitrix Secure Accessアプリは、すでに接続されているセキュアプライベートアクセスサービスリージョンに到達できなくなってから1分後にログアウトします。ただし、これはオンプレミスのゲートウェイ接続には影響しません。

    [ACS-2715]

V22.02.2 (15-Feb-2022)

解決された問題

  • ユーザーがCitrix Secure Access for macOSからサブスクライブ解除されたWebアプリにアクセスしようとすると、複数のポップアップが表示されます。

    [ACS-2406]

V22.01.1 (08-Feb-2022)

解決された問題

  • iOSデバイス向けCitrix SSOを使用したアプリごとのVPN接続では、443以外のポートでCitrix Gateway に接続できません。

    [NSHELP-30653]

V1.4.1 (28-Jan-2022)

新着情報

  • macOS向けCitrix SSOアプリは、Citrix Secure Accessとしてブランド名が変更されました。

    [ACS-1092]

解決された問題

  • 認証サーバが同じ Web ビューセッションでクライアント証明書を複数回要求すると、クライアント証明書認証は失敗します。

    [CGOP-20388]

  • クライアントとADCの間にプロキシが存在するため、サーバー証明書に共通名のIPアドレスしかない場合、Citrix SSOはVPN接続の確立に失敗します。

    [CGOP-20390]

  • macOS でアンチウイルスの最後のフルシステムスキャンを確認するための EPA スキャンが失敗します。

    [NSHELP-29571]

  • サイズの大きいDNSパケットの処理中に、Citrix SSOアプリがクラッシュすることがあります。

    [NSHELP-29133]

V1.4.0 (17-Nov-2021)

解決された問題

  • サーバー証明書が信頼されていると、サーバー検証コードが失敗することがあります。その結果、エンドユーザーはゲートウェイにアクセスできなくなります。

    [NSHELP-28942]

  • ネットワークが中断された後、Citrix SSOがVPN接続の再確立に失敗します。

    [CGOP-19988]

V1.3.13 (05-Nov-2021)

解決された問題

  • 管理対象VPNと非管理対象VPNのセッションをフィルタリングすると、障害が発生することがあります。セッションを確立する最初の要求で、User-Agent ヘッダーに「ManagedVPN」情報が欠落しています。

    [CGOP-19561]

V1.3.12 (21-Oct-2021)

解決された問題

  • macOSキーチェーンにクライアント証明書がない場合、Citrix SSO for macOSのクライアント証明書認証が失敗します。

    [NSHELP-28551]

  • 通知を受信すると、Citrix SSOアプリが断続的にクラッシュする。

    [CGOP-19363]

  • 機能フラグを確認するために「isFeatureEnabled」パラメーターが呼び出されると、VPN拡張機能がクラッシュすることがあります。

    [CGOP-19360]

  • DTLSプロトコルのペイロードが空の場合、ゲートウェイVPN拡張機能はクラッシュします。

    [CGOP-19361]

  • デバイスがスリープモードから復帰しVPNが接続されると、SSOアプリが断続的にクラッシュします。

    [CGOP-19362]

V1.3.11 (17-Sep-2021)

解決された問題

  • Citrix SSO を使用する macOS デバイスのファイアウォールチェックの EPA スキャンが失敗します。

    [CGOP-19271]

  • レガシー認証または Intune ネットワークアクセスコンプライアンス(NAC)が構成されていると、iOS 12 デバイスでCitrix SSOがクラッシュする。

    [CGOP-19261]

V1.3.10 (31-Aug-2021)

新機能

  • macOS用のCitrix SSOはOPSWAT ライブラリバージョン4.3.1977.0にバンドルされるようになった。

    [NSHELP-28467]

V1.3.9 (13-Aug-2021)

解決された問題

  • HTTPプロキシソフトウェアがインストールされている一部のシステムでは、Citrix Gateway IPアドレスが内部的に127.0.0.1として表示されるため、トンネルの確立が妨げられます。

    [CGOP-18538]

  • [信頼できないサーバーをブロックする]設定は、Citrix SSO for iOSの英語以外のローカライズをサポートするシステムでは機能しません。

    [CGOP-18539]

  • Citrix SSOは、DNS名がサーバー証明書の共通名と一致しないシステムに接続できません。Citrix SSOはサブジェクトの別名をチェックし、正しく接続するようになりました。

    [NSHELP-28348]

V1.3.8 (07-Jul-2021)

新機能

  • macOS向けCitrix SSOは、バージョン10.15(Catalina)以上とのみ互換性がある。

    [CGOP-12555]

  • macOSバージョン1.3.8用のCitrix SSO以降、EPAライブラリはアプリ内に埋め込まれ、Citrix Gateway サーバーからはダウンロードされません。現在の組み込み EPA ライブラリのバージョンは 1.3.5.1 です。

    [NSHELP-26838]

V1.3.7 (17-Mar-2021)

解決された問題

  • macOS向けCitrix SSOでは、デバイス証明書とクライアント証明書の一覧に期限切れの証明書が表示されます。

    [CGOP-17337-macOS]

  • FQDN分割トンネリングが設定されている場合、UDP および ICMP トラフィックは機能しません。

    [CGOP-15691-macOS]

V1.3.6 (04-Feb-2021)

解決された問題

  • Citrix SSO for macOSでは、ゲートウェイサーバーがデフォルトのポート443以外のSSLポートで構成されている場合、エンドポイント分析スキャンが失敗します。

    [CGOP-14661-macOS]

V1.3.5 (08-Jan-2021)

解決された問題

  • nFactor 認証中の TOTP プッシュ通知は、nFactor 認証プロセスを停止します。

    [NSHELP-24592-iOS]

  • 場合によっては、VPNプロファイルのインデックス作成エラーが原因で、Citrix Gateway への接続中にCitrix SSOがクラッシュすることがあります。

    [CGOP-16415]

V1.3.4 (09-Dec-2020)

このリリースではさまざまな問題に対応しているため、パフォーマンスや安定性が総合的に向上しています。

V1.3.3 (20-Nov-2020)

解決された問題

  • Citrix SSO for macOSでは、ファイルパスに特殊文字 ~(チルダ)が含まれている場合、ファイルチェックのEPAスキャンはサポートされません。

    [CGOP-15721-macOS]

V1.3.2 (04-Nov-2020)

解決された問題

  • macOS用Citrix SSOは、有効期限が切れた場合やADCの認証局が変更された場合に、新しいデバイス証明書を選択するようユーザーに求めません。

    [CGOP-15653-macOS]

V1.3.1 (15-Oct-2020)

新機能

  • Citrix SSO for iOSで、エラー、デバッグ、および詳細のログレベルを使用できるようになりました。

    [CGOP-15234-iOS]

  • パケットヘッダー情報は Verbose レベルのロギングに表示され、古いログファイルの数が 50 を超えると削除されます。

    [CGOP-13987]

解決された問題

  • 現在の証明書の有効期限が切れると、macOS用のCitrix SSO で新しいデバイス証明書を選択できません。

    [NSHELP-24481]

V1.3.0 (16-Sep-2020)

新機能

  • 新しいCitrix ロゴが導入されました。

    [CGOP-15327]

V1.2.18 (10-Sep-2020)

新機能

  • macOS 用 Citrix SSO に詳細ログレベルが追加されました。

    [CGOP-13985]

解決された問題

  • macOS用Citrix SSOは、nFactorスキャンの一部としてデバイス証明書チェックが追加されると、ルートディレクトリにアクセスするためのユーザー権限を要求します。

    [CGOP-14722]

  • macOSがスリープモードから復帰した後、Citrix SSOはVPN接続を再確立するのに30秒以上かかります。

    [CGOP-14723]

  • クラシック認証が有効になっている場合、iOSおよびmacOS用のCitrix SSOはログオンを転送できません。

    [NSHELP-24577]

V1.2.17

解決された問題

  • nFactor認証が有効になっている場合、Citrix Gateway バージョン13.0、ビルド61.48ではログオンの転送は発生しません。

    [CGOP-14619]

  • iOSおよびmacOS用のCitrix SSOは、ポート443以外のポートでホストされている場合、Citrix Gateway に接続しません。

    [NSHELP-24079]

既知の問題

  • クラシック認証が有効になっている場合、iOSおよびmacOS用のCitrix SSOはログオンを転送できません。

    [NSHELP-24491]

V1.2.16

解決された問題

  • macOS向けCitrix SSOは、アイドルタイムアウト機能をサポートしていません。

    [CGOP-237]

  • macOS用Citrix SSOでは、強制タイムアウトの警告メッセージは表示されません。

    [CGOP-246]

既知の問題

  • nFactor認証が有効になっている場合、Citrix Gateway バージョン13.0、ビルド61.48ではログオンの転送は発生しません。

    [CGOP-14619]

V1.2.15

解決された問題

  • Citrix SSO 1.2.14は、次の2つの条件が満たされている場合、クライアントで意図したとおりに動作しません。
    • 分割トンネルはONに設定されます。
    • Citrix ADCアプライアンスのバージョンは12.1以前です。

    [NSHELP-24038]

  • 次の 2 つの条件が満たされている場合、ログオン転送は機能しません。
    • nFactor 認証が設定されています。
    • Citrix ADCテーマはデフォルトに設定されています。

[CGOP-14092]

V1.2.14

解決された問題

  • まれに、Citrix SSO が繰り返しクラッシュすることがあります。

    [NSHELP-24009]

V1.2.13

解決された問題

  • Citrix SSOは、iOSバージョン11以前ではサポートされていません。iOS バージョン 12.0 以降のみがサポートされています。

    [CGOP-14034-iOS]

  • 認証後のEPAが構成されている場合、Citrix SSOは高可用性フェイルオーバー後に再接続しません。

    [NSHELP-23574-macOS]

  • 圧縮モードが「混合」に設定されている場合、Citrix SSOはトンネル経由で接続した後に特定のアプリを開きません。

    [NSHELP-23489]

V1.2.12

このリリースではさまざまな問題に対応しているため、パフォーマンスや安定性が総合的に向上しています。

V1.2.11

解決された問題

  • TOTP トークンのロードが失敗し、ユーザに TOTP トークンが表示されない。ユーザーがトークンを追加しようとすると、以前のトークンは失われます。この修正により、トークンを再作成して保存することができます。

    [NSHELP-23351]

V1.2.10

このリリースではさまざまな問題に対応しているため、パフォーマンスや安定性が総合的に向上しています。

V1.2.9

既知の問題

  • TOTP トークンのロードが失敗し、ユーザに TOTP トークンが表示されない。ユーザーがトークンを追加しようとすると、以前のトークンは失われます。

    [NSHELP-23351]

V1.2.8

新機能

  • nFactor認証は、Citrix SSOアプリを使用するすべての顧客でサポートされるようになりました。

    [CGOP-12728]

解決された問題

  • iOS向けCitrix SSOアプリは、アプリごとのVPNトンネル機能が有効になっている場合にクラッシュします。

    [CGOP-13133-iOS]

  • [Accept Connection] ダイアログボックスには、選択した言語に関係なく、英語でコンテンツが表示されます。

    [CGOP-13050-macOS]

  • Citrix SSOアプリ > ホームページのテキスト 「ホームページ」は、一部の言語では切り捨てられます。

    [CGOP-13049-macOS]

  • デバイスの言語が「簡体字中国語」に設定されている場合、Citrix SSOアプリはCitrix Gateway に接続しません。

    [CGOP-12919-macOS]

V1.2.7

解決された問題

  • 場合によっては、nFactor認証が構成されていても、Citrix SSOはクラシック認証にフォールバックすることがあります。

    [CGOP-12611]

  • アプリごとのVPNが構成されていると、iOSデバイスでCitrix SSOがクラッシュすることがあります。

    [CGOP-10702-iOS]

既知の問題

  • macOS がスリープ状態から復帰した後、VPN がフリーズすることがあります。

    [NSHELP-20656-macOS]

V1.2.6

既知の問題

  • macOS がスリープ状態から復帰した後、VPN がフリーズすることがあります。

    [NSHELP-20656-macOS]

V1.2.5

既知の問題

  • macOS がスリープ状態から復帰した後、VPN がフリーズすることがあります。

    [NSHELP-20656-macOS]

V1.2.4

既知の問題

  • Mac デバイスがスリープモードから復帰した後、VPN セッションが応答しないことがあります。

    [NSHELP-20656-macOS]

V1.2.3

新機能

  • Citrix SSO URLスキーム — Citrix SSOは、iOSデバイスにCitrix SSOがインストールされているかどうかを他のアプリケーションが判断できるように、URLスキームを登録するようになりました。URL スキームは 「citrixsso」です。

    [CGOP-11979-iOS]

解決された問題

  • 大量のUDPトラフィックを送信すると、Citrix SSOアプリがクラッシュします。

    [CGOP-11603-macOS]

  • iOS 13の通知からアプリを起動すると、iPad用のCitrix SSOがクラッシュします。

    [NSHELP-21087-iOS]

V1.2.2

解決された問題

  • 一部のGSLB展開では、Citrix SSOがゲートウェイ名を複数回解決し、接続に失敗します。

    [CGOP-12013]

  • iOS向けCitrix SSOが16バイトを超えるOTPSecretのスキャンに失敗する。

    [CGOP-11978-iOS]

  • 証明書のみの認証と NAC チェックが設定されたプロファイルを持つユーザは、ログオンクレデンシャルの入力を求められ、VPN 接続を作成できません。

    [CGOP-11925-iOS]

  • アプリごとの分割トンネルフラグは TCP トラフィックに対してのみチェックされますが、ICMP トラフィックを直接送信する必要がある場合でも、ICMP トラフィックはトンネリングされます。

    [CGOP-11614-iOS]

既知の問題

  • macOS用Citrix Gateway プラグインは、Citrix Workspace アプリのランディングページを開く機能をサポートしていません。

    [NSHELP-7047]

V1.2.0

新機能

  • nFactor 認証のサポート。 nFactor 認証は、iOS と macOS の両方でサポートされるようになりました。

    [CGOP-11251]

  • Citrix SSO アプリのサポート。Citrix SSOアプリがiOS 13およびmacOS Catalinaでサポートされるようになった。

    [CGOP-11714]

解決された問題

  • クライアント IP アドレスは、SSO アプリケーションの [接続] ページに逆方向に表示されます。

    [CGOP-11596]

  • Citrix SSOは、Citrix ADCリリース13.0のDNSフラグのDNS切り捨てビットを尊重しません。

    [CGOP-11777]

  • アプリごとの分割トンネルは、Citrix ADCリリース13.0と互換性がありません。

    [CGOP-11464]

  • Citrix SSOは、Citrix Gateway からのタイムアウトメッセージの一部を無視します。

    [CGOP-11310]

  • ユーザーがアプリに初めてログインすると、アプリの説明の最後の行がユーザー画面に表示されません。

    [CGOP-11595-macOS]

  • Citrix SSOアプリのログオンウィンドウサイズは、[ログオン]ボタンを繰り返しクリックすると増加し続けます。

    [CGOP-11594-macOS]

  • ライセンスユーザー数の上限を超えると、エラーメッセージがアプリケーションウィンドウ内ではなくシステムレベルで表示されます。

    [CGOP-11600-macOS]

V1.1.12

新機能

  • macOS 用のテレメトリデータ収集。Citrix SSOは、アプリでのVPN使用状況に関連するカスタム分析イベントを収集します。

    [CGOP-9789-macOS]

  • アプリごとの分割トンネルのサポート。管理者はアプリごとのスプリットトンネルを設定できます。Citrix Gateway のイントラネットルートに一致するアプリごとのトラフィックは、Citrix Gateway アプライアンスにトンネリングされます。

    [CGOP-657]

  • FQDN 分割トンネルは、システムの FQDN に基づいてトラフィックをトンネリングします。FQDN スプリットトンネルは、DNS サーバによって解決される IP ではなく、システムの FQDN に基づいてトラフィックをトンネリングします。

    [CGOP-316]

解決された問題

  • ボタン、テキストフィールド、ラベルなどのユーザーインターフェイス要素は、iPad の画面全体でずれて配置されます。

    [CGOP-10141-iOS]

  • VPN プロファイルを追加していないユーザは、リモートログインについて通知されません。

    [CGOP-9731-iOS]

V1.1.10

解決された問題

  • Citrix SSOアプリは、最大ユーザー数に達したときに適切なエラーメッセージを表示しません。

    [CGOP-231]

  • EULA チェックボックスは、デフォルトではオフになっていません。

    [CGOP-245]

  • Endpoint Analysis でのフィッシング対策の「有効」スキャンでは、追加機能はサポートされていません。

    [CGOP-249]

  • キーチェーンにクライアント/デバイスが 1 つしか存在しない場合でも、認証用のクライアント証明書またはデバイス証明書の自動選択は行われません。

    [CGOP-251]

  • Citrix SSOアプリで編集した後、「接続レコード」を追加できない。

    [CGOP-7256]