Citrix Gateway

デフォルトのグローバル認証の設定

ユーザが内部ネットワークでアクセスできるリソースを定義するには、デフォルトのグローバル認可を設定します。グローバル認可を設定するには、内部ネットワーク上のネットワークリソースへのアクセスをグローバルに許可または拒否します。

作成したグローバル認可アクションは、直接またはグループを介して、関連付けられた認可ポリシーをまだ持っていないすべてのユーザに適用されます。ユーザまたはグループの認可ポリシーは、常にグローバル認可アクションを上書きします。デフォルトの認可アクションが [拒否(Deny)] に設定されている場合は、すべてのユーザまたはグループに許可ポリシーを適用して、それらのユーザまたはグループがネットワークリソースにアクセスできるようにする必要があります。この要件は、セキュリティの向上に役立ちます。

デフォルトのグローバル認証を設定するには、次の手順を実行します。

  1. ナビゲーションペインにある、[Configuration]タブの構成ユーティリティで、[Citrix Gateway]を展開し、[Global Settings]をクリックします。
  2. 詳細ウィンドウの [設定] で、[グローバル設定の変更] をクリックします。
  3. [セキュリティ]タブの[デフォルトの承認アクション]の横にある[許可]または[拒否]を選択し、[OK]をクリックします。
デフォルトのグローバル認証の設定