Citrix Gateway

スマートカード認証の構成

暗号化スマートカードを使用してユーザーを認証するようにCitrix Gateway を構成できます。

Citrix Gateway でスマートカードを構成するには、次の操作を行う必要があります。

  • 証明書認証ポリシーを作成します。詳細については、「 クライアント証明書認証の構成」を参照してください。
  • 認証ポリシーを仮想サーバーにバインドします。
  • クライアント証明書を発行する認証局(CA)のルート証明書をCitrix Gateway に追加します。詳しくは、「To install a root certificate on Citrix Gateway」を参照してください。

    重要:スマートカード認証のためにルート証明書を仮想サーバーに追加する場合は、[ CA 証明書の選択] リストから証明書を選択する必要があります

    ルート証明書の追加

クライアント証明書を作成したら、フラッシュと呼ばれる証明書をスマートカードに書き込むことができます。この手順を完了すると、スマートカードをテストできます。

スマートカードパススルー認証用に Web Interface を構成する場合、次のいずれかの条件が存在する場合、Web Interface へのシングルサインオンは失敗します。

  • [公開アプリケーション] タブのドメインをmydomainの代わりにmydomain.comとして設定した場合 。
  • [ 公開アプリケーション ] タブでドメイン名を設定せず、値を1に設定するコマンドwi-sso-split-upnを実行した場合。この例では、userPrincipalName にはドメイン名「mydomain.com」が含まれています。

スマートカード認証を使用すると、ユーザーのログオンプロセスを合理化すると同時に、インフラストラクチャへのユーザーアクセスのセキュリティを強化できます。社内ネットワークへのアクセスは、公開キーインフラストラクチャを使用した証明書ベースの 2 要素認証によって保護されます。秘密キーは、ハードウェアで保護されるため、スマートカードの外に漏れることはありません。ユーザーは、スマートカードとPINを使用してさまざまなコーポレートデバイスからデスクトップとアプリケーションにアクセスできるようになります。

スマートカードは、Citrix Virtual Apps and Desktopsで提供されるデスクトップとアプリケーションのユーザー認証をStoreFront経由で行うために使用できます。StoreFront にログオンするスマートカードユーザーは、Citrix Endpoint Managementが提供するアプリケーションにもアクセスできます。ただし、クライアント証明書認証を使用するEndpoint Management Webアプリケーションにアクセスするには、再度認証する必要があります。

詳しくは、StoreFront ドキュメントの「 スマートカード認証の構成 」を参照してください。

セキュアな ICA 接続を使用したスマートカード認証の構成

Citrix Gateway でシングルサインオンが構成されたスマートカードを使用してログオンし、安全なICA接続を確立するユーザーは、個人識別番号(PIN)の入力を求められることがあります。

  • ログオン時、および公開リソースを起動しようとしたとき。この状況は、WebブラウザーとCitrix Workspace アプリが、クライアント証明書を使用するように構成された同じ仮想サーバーを使用している場合に発生します。
  • Citrix Workspace アプリは、プロセスまたはセキュアソケットレイヤー(SSL)接続をWebブラウザーと共有しません。したがって、ICA接続がCitrix GatewayとのSSLハンドシェイクを完了すると、クライアント証明書がもう一度必要になります。

ユーザーに 2 つ目の PIN プロンプトが表示されないようにするには、次の 2 つの設定を変更する必要があります。

  • VPN 仮想サーバーでのクライアント認証は無効にする必要があります。
  • SSL 再ネゴシエーションを有効にする必要があります。

仮想サーバーを構成したら、 Web Interface 5.3でのCitrix Gateway 設定の構成の説明に従って、1つ以上のSTAサーバーを仮想サーバーにバインドします。

スマートカード認証をテストすることもできます。

クライアント認証を無効にするには、次の手順を実行します。

  1. 構成ユーティリティの[構成]タブのナビゲーションペインで、[Citrix Gateway]を展開し、[仮想サーバー]をクリックします。
  2. メインの詳細ペインで関連する仮想サーバーを選択し、[編集] をクリックします。
  3. [詳細オプション] ウィンドウで、[SSL パラメータ] をクリックします。
  4. [クライアント認証] チェックボックスをオフにします。
  5. [完了] をクリックします。

SSL 再ネゴシエーションを有効にするには、次の手順を実行します。

  1. 構成ユーティリティを使用して、[構成] タブから [トラフィック管理] に移動し、[SSL] をクリックします。
  2. メインパネルで、[SSL の詳細設定の変更] をクリックします。
  3. [SSL 再ネゴシエーションの拒否] メニューから、[いいえ] を選択します。

スマートカード認証をテストするには:

  1. スマートカードをユーザーデバイスに接続します。
  2. Webブラウザーを開き、Citrix Gateway にログオンします。
スマートカード認証の構成