Citrix Gateway

LDAP グループ抽出がユーザオブジェクトから直接動作する仕組み

グループオブジェクトからグループメンバーシップを評価するLDAPサーバーは、Citrix Gateway 認証をサポートします。

一部の LDAP サーバーでは、Active Directory (memberOf 属性を使用) や IBM eDirectory (groupMembership 属性を使用) など、オブジェクトが属するグループに関する情報をユーザーオブジェクトに含めることができます。ユーザーのグループメンバーシップは、IBM ディレクトリサーバー (IBM-AllGroups を使用) や Sun ONE ディレクトリサーバー (nsRole を使用) など、ユーザーオブジェクトの属性にすることができます。これらのタイプのLDAPサーバーはどちらも、Citrix Gateway グループの抽出をサポートしています。

たとえば、IBM Directory Server では、静的グループ、動的グループ、およびネストされたグループを含むすべてのグループメンバーシップを、IBM-AllGroups 属性を使用して返すことができます。Sun ONE では、管理対象、フィルタ処理、ネストを含むすべてのロールは nsRole 属性を使用して計算されます。

LDAP グループ抽出がユーザオブジェクトから直接動作する仕組み

この記事の概要