Citrix Gateway

複数ドメインの LDAP 認証ポリシーの作成

Citrix Gateway でセッションポリシーを作成したら、ほぼ同じLDAP認証ポリシーを作成します。認証ポリシーを設定する場合、 重要なフィールドは検索フィルタです。このフィールドには、Active Directory で作成したグループの名前を入力する必要があります。

最初に認証プロファイルを作成し、次に認証ポリシーを作成します。

複数のドメイングループ抽出用の認証プロファイルを作成するには

  1. 構成ユーティリティの[構成]タブで、[Citrix Gateway]>[ポリシー]>[認証]の順に展開します
  2. ナビゲーションペインで [LADP] をクリックします。
  3. 詳細ウィンドウで、[ サーバー ] タブをクリックし、[ 追加] をクリックします。
  4. [ Name] に、最初のドメインの名前 (Sampaなど) を入力します。
  5. LDAP サーバーの設定を構成し、[ 作成] をクリックします。
  6. ステップ 3、4、5 を繰り返して 2 番目のドメインの認証プロファイルを設定し、[閉じる( Close)] をクリックします。

プロファイルを作成して保存したら、認証ポリシーを作成します。

複数のドメイングループ抽出の認証ポリシーを作成するには

  1. 構成ユーティリティの[構成]タブで、[ Citrix Gateway]>[ポリシー]>[認証]の順に展開します
  2. 詳細ウィンドウで、[ ポリシー ] タブをクリックし、[ 追加] をクリックします。
  3. [ 名前] に、最初のドメインの名前を入力します。
  4. [ 認証タイプ] で [ LDAP] を選択します。
  5. [ サーバー] で、最初のドメインの認証プロファイルを選択します。
  6. [ 名前付き式] の横にある [ 一般] をクリックし、[ True value] を選択し、[ 式の追加] をクリックして、 [ 作成] をクリックします。
  7. [名前] に、2 番目のドメインの名前を入力します。
  8. [ サーバー] で、2 番目のドメインの認証プロファイルを選択し、[ 作成]、 [ 閉じる] の順にクリックします。
複数ドメインの LDAP 認証ポリシーの作成