Citrix Gateway

LDAP ディレクトリ内の属性を決定する

NetScaler Gatewayで認証設定を構成できるように、LDAPディレクトリ属性の決定についてサポートが必要な場合は、Softerraの無償のLDAPブラウザーを使用して簡単に検索できます。

LDAP ブラウザは、 Softerra LDAP アドミニストレータの Web サイトからダウンロードできます。ブラウザをインストールしたら、次の属性を設定します。

  • LDAP サーバーのホスト名または IP アドレス。
  • LDAP サーバーのポート。デフォルトは 389 です。
  • ベース DN フィールド。空白のままにできます。LDAPブラウザーによって提供される情報は、Citrix Gateway でこの設定を構成する必要があるベースDNを決定するのに役立ちます。
  • 匿名バインドチェックは、LDAP サーバーに接続するためにユーザー資格情報が必要かどうかを判断します。LDAP サーバがクレデンシャルを必要とする場合は、チェックボックスをオフのままにします。

設定が完了すると、LDAP ブラウザは左ペインにプロファイル名を表示し、LDAP サーバに接続します。

LDAP ディレクトリ内の属性を決定する