Citrix Gateway

グループを使用したポリシーの設定

グループを構成したら、[グループ] ダイアログボックスを使用して、ユーザーアクセスを指定するポリシーと設定を適用できます。ローカル認証を使用している場合は、ユーザーを作成し、Citrix Gateway で構成されているグループに追加します。その後、ユーザはそのグループの設定を継承します。

[グループ] ダイアログボックスでは、ユーザーのグループに対して次のポリシーまたは設定を構成できます。

  • ユーザー
  • 承認ポリシー
  • 監査ポリシー
  • セッションポリシー
  • トラフィックポリシー
  • ブックマーク
  • イントラネットアプリケーション
  • イントラネット IP アドレス

構成では、複数のグループに属するユーザーがいる場合があります。さらに、各グループには、異なるパラメータが設定された 1 つ以上のバインドされたセッションポリシーがある場合があります。複数のグループに属するユーザーは、そのユーザーが属するすべてのグループに割り当てられたセッションポリシーを継承します。どのセッションポリシー評価が他方よりも優先されるかを確認するには、セッションポリシーの優先順位を設定する必要があります。

たとえば、group1 がホームページ www.homepage1.com で設定されたセッションポリシーにバインドされているとします。Group2 は、ホームページ www.homepage2.com で設定されたセッションポリシーにバインドされています。これらのポリシーが、優先度番号のない、または同じ優先度番号を持つ各グループにバインドされている場合、両方のグループに属するユーザーに表示されるホームページは、最初に処理されるポリシーによって異なります。ホームページ www.homepage1.com のセッションポリシーに低い優先度の番号を設定すると、両方のグループに属するユーザーがホームページ www.homepage1.com を受信できるようになります。

セッションポリシーにプライオリティ番号が割り当てられていない場合、またはプライオリティ番号が同じ場合、precedence は次の順序で評価されます。

  • ユーザー
  • グループ
  • 仮想サーバ
  • グローバル

ポリシーがプライオリティ番号なしで同じレベルにバインドされている場合、またはポリシーのプライオリティ番号が同じ場合、評価の順序はポリシーのバインド順序に従います。最初にレベルにバインドされたポリシーは、後でバインドされたポリシーよりも優先されます。

ユーザーが複数のグループにバインドされ、各グループに IIP がバインドされている場合、そのユーザーはバインドされたグループから自由な IP を取得できます。

グループを使用したポリシーの設定

この記事の概要