Citrix Gateway

Configuring SafeWord Authentication

SafeWord 製品ラインは、トークンベースのパスコードを使用して安全な認証を提供するのに役立ちます。ユーザーがパスコードを入力すると、そのパスコードは SafeWord によって無効になり、再度使用することはできません。

セキュアゲートウェイおよびWeb Interface展開でアクセスゲートウェイがSecure Gatewayを置き換える場合は、アクセスゲートウェイで認証を構成せず、Webインターフェイスが着信HTTPトラフィックに対してSafeWord認証を提供することを引き続き許可することができます。

アクセスゲートウェイは、次の製品の SafeWord 認証をサポートしています。

  • SafeWord 2008
  • SafeWord プレミアアクセス
  • SafeWord for Citrix
  • SafeWord リモートアクセス

次の方法で、Access Gateway を SafeWord 製品を使用して認証するように構成できます。

  • SafeWord PremierAccess の一部としてインストールされている PremierAccess RADIUS サーバーを使用するように認証を構成し、認証を処理できるようにします。
  • SafeWord リモートアクセス、SafeWord for Citrix、および SafeWord PremierAccess 4.0 のコンポーネントである SafeWord IAS エージェントを使用するように認証を構成します。
  • SafeWord Webインターフェイスエージェントをインストールして、Citrix Webインターフェイスをサポートします。Access Gatewayで認証を構成する必要はなく、Citrix Webインターフェイスでこれを処理できます。この構成では、PremierAccess RADIUS サーバーまたは SafeWord IAS エージェントは使用されません。

SafeWord RADIUS サーバーを構成する場合は、次の情報が必要です。

  • アクセスゲートウェイの IP アドレス。RADIUS サーバでクライアント設定を構成する場合は、アクセスゲートウェイ IP アドレスを使用します。
  • 共有シークレット。
  • SafeWord サーバーの IP アドレスとポート。
Configuring SafeWord Authentication

この記事の概要