Citrix Gateway

設定のクリアベーシック TACACS の設定をクリアしてはならない

このトピックでは、clear config コマンドの実行時に、RBA(ロールベースアクセス)関連の設定をすべてクリアしないことに重点を置いています。

現在の clear config コマンドは、次の 3 つのレベルのいずれかで実行されます。

  • 基本
  • 拡張
  • フル

レベルに基づいて、Citrix ADC構成はクリアされ、工場出荷時のデフォルトにリセットされます。

使用されるコマンドは、

clear ns config [-force] <level>
<!--NeedCopy-->

新しいコマンドは、すべての RBA 関連設定の削除を許可または拒否するノブを追加します。

新しいコマンド

RBA 設定のクリア機能について説明します。

  1. はい/いいえノブ。デフォルト:はい。

    管理者は、RBA 構成を保持するかどうかを決定します。

  2. クリアコンフィグの基本レベルのみがサポートされています。

  3. 次の設定はクリアされません。

    • システムユーザー/グループを追加/バインドします。

    • cmd ポリシーを追加します。

    • TACACS コマンド(TACACS アクション/ポリシーの追加)

    • システムグローバルをバインドする

    注: TACACS 関連の設定(アクション/ポリシー)は、ポリシーがシステムグローバルにバインドされている場合、またはクリアされた場合に保持されます。

CLI 構成

使用されるコマンドは、

clear config [–force] <level> [-RBAconfig]
<!--NeedCopy-->

デフォルトでは YES に設定され、レベルに基づいて設定がクリアされます。

RBAconfigがNOに設定されている場合、RBA 関連の設定は保持されます。以下が含まれます。

  • /bind システムユーザー /グループの追加
  • システムグローバルをバインドする
  • TACACS 関連コマンド(TACACS アクション/ポリシーの追加)
  • cmd ポリシーの追加
設定のクリアベーシック TACACS の設定をクリアしてはならない

この記事の概要