Citrix Gateway

認証プロファイルの設定

認証プロファイルは、Citrix Gateway ウィザードまたは構成ユーティリティを使用して作成できます。プロファイルには、認証ポリシーのすべての設定が含まれています。プロファイルは、認証ポリシーの作成時に設定します。

Citrix Gateway ウィザードでは、選択した認証タイプを使用して認証を構成できます。ウィザードの実行後に追加の認証ポリシーを構成する場合は、構成ユーティリティを使用できます。Citrix Gateway ウィザードについて詳しくは、「 Citrix Gateway ウィザードを使用した設定の構成」を参照してください。

構成ユーティリティを使用して認証ポリシーを作成するには

  1. 構成ユーティリティの[構成]タブで、[Citrix Gateway]>[ポリシー]>[認証]の順に展開します。
  2. ナビゲーションペインの [認証] で、認証の種類を選択します。
  3. 詳細ペインの [ポリシー] タブで、[追加] をクリックします。
  4. 外部認証タイプを使用している場合は、[サーバー] の横にある [新規] をクリックします。
  5. [認証サーバーの作成] ダイアログボックスで、認証タイプの設定を構成し、[作成]、[閉じる] の順にクリックします。
  6. [認証ポリシーの作成] ダイアログボックスで、[名前付き式] の横にある [True value] を選択し、[式の追加]、[作成]、[閉じる] の順にクリックします。 注:認証タイプを選択して認証プロファイルを保存する場合、認証タイプを変更することはできません。別の認証タイプを使用するには、新しいポリシーを作成する必要があります。

構成ユーティリティを使用して認証ポリシーを変更するには

認証サーバの IP アドレスや式など、設定済みの認証ポリシーおよびプロファイルを変更できます。

  1. 構成ユーティリティの[構成]タブで、[Citrix Gateway]>[ポリシー]>[認証]の順に展開します。
  2. ナビゲーションペインの [認証] で、認証の種類を選択します。
  3. 詳細ウィンドウの [サーバー] タブで、サーバーを選択し、[開く] をクリックします。

認証ポリシーを削除するには

ネットワークから認証サーバーを変更または削除した場合は、対応する認証ポリシーをCitrix Gateway から削除します。

  1. 構成ユーティリティの[構成]タブで、[Citrix Gateway]>[ポリシー]>[認証]の順に展開します。
  2. ナビゲーションペインの [認証] で、認証の種類を選択します。
  3. 詳細ペインの [ポリシー] タブで、ポリシーを選択し、[削除] をクリックします。
認証プロファイルの設定