Citrix Gateway

アプライアンスのプロキシと通信するようにアプライアンスを設定する

ダブルホップDMZにCitrix Gateway を展開する場合は、最初のDMZでCitrix Gateway を構成して、2番目のDMZのCitrix Gateway プロキシと通信する必要があります。

2 番目の DMZ に複数のアプライアンスを展開する場合は、最初の DMZ の各アプライアンスが 2 番目の DMZ のすべてのプロキシアプライアンスと通信するように設定します。

注:IPv6 を使用する場合は、構成ユーティリティを使用してネクストホップサーバーを構成します。これを行うには、 [Citrix Gateway]>[リソース]の順に展開し、[ ネクストホップサーバー]をクリックします。次の手順の手順に従って、[ IPv6] チェックボックスをオンにします。

Citrix Gateway プロキシと通信するようにCitrix Gateway を構成するには

  1. 構成ユーティリティの[構成]タブで、[Citrix Gateway]>[リソース]の順に展開し、[ネクストホップサーバー]をクリックします。
  2. 詳細ペインで、[Add] をクリックします。
  3. [名前] に、最初のCitrix Gateway の名前を入力します。
  4. [IPアドレス] に、2番目のDMZにあるCitrix Gateway プロキシの仮想サーバーIPアドレスを入力します。
  5. [ポート] にポート番号を入力し、[作成]、[閉じる] の順にクリックします。443 などのセキュアなポートを使用している場合は、[Secure] を選択します。

最初のDMZにインストールされている各Citrix Gateway を、2番目のDMZにインストールされているすべてのCitrix Gateway プロキシアプライアンスと通信するように構成する必要があります。

Citrix Gateway プロキシの設定を構成したら、Citrix Gateway グローバルのネクストホップサーバーまたは仮想サーバーにポリシーをバインドします。

Citrix Gateway ネクストホップサーバーをグローバルにバインドするには

  1. 構成ユーティリティの[構成]タブで、[Citrix Gateway]>[リソース]の順に展開し、[ネクストホップサーバー]をクリックします。
  2. 詳細ウィンドウで、ネクストホップサーバーを選択し、[操作] で [グローバルバインド] を選択します。
  3. [ネクストホップサーバーのグローバルバインドの構成]ダイアログボックスの[ネクストホップサーバー名]でプロキシアプライアンスを選択し、[OK]をクリックします。

Citrix Gateway ネクストホップサーバーを仮想サーバーにバインドするには

  1. 構成ユーティリティの[構成]タブで、[Citrix Gateway]を展開し、[仮想サーバー]をクリックします。
  2. 詳細ウィンドウで、仮想サーバーを選択し、[開く] をクリックします。
  3. [公開アプリケーション]タブの[ネクストホップサーバー]で項目をクリックし、[OK]をクリックします。

[公開アプリケーション] タブからネクストホップサーバーを追加することもできます。

アプライアンスのプロキシと通信するようにアプライアンスを設定する