Citrix Gateway

STAおよびICAトラフィックを処理するようにCitrix Gatewayを構成する

ダブルホップDMZにCitrix Gateway を展開する場合は、最初のDMZでCitrix Gateway を構成して、Secure Ticket Authority(STA)およびICAトラフィックとの通信を適切に処理する必要があります。STA を実行しているサーバは、グローバルにバインドすることも、仮想サーバにバインドすることもできます。

STA を構成したら、STA をグローバルにバインドすることも、仮想サーバにバインドすることもできます。

STA をグローバルに設定してバインドするには、次の手順を実行します。

  1. GUIの[構成]タブで、[ Citrix Gateway ]を展開し、[ グローバル設定]をクリックします。
  2. 詳細ペインの [ サーバー] で、[ SSecure Ticket Authority が使用する STA サーバーのバインド/バインド解除] をクリックします。
  3. [ STA サーバーのバインド/バインド解除 ] ダイアログボックスで、[ 追加] をクリックします。
  4. [ STA サーバの構成 ] ダイアログボックスの [ URL] に、STA を実行しているサーバのパス ( http://mycompany.comhttp://ipAddressなど) を入力し、[ 作成] をクリックします。

STA を構成して仮想サーバにバインドするには

  1. GUIの[構成]タブで、[ Citrix Gateway ]を展開し、[ 仮想サーバー]をクリックします。
  2. 詳細ペインで仮想サーバーを選択し、[ 開く] をクリックします。
  3. [ 公開アプリケーション ] タブの [ セキュリティでSecure Ticket Authority] で、[ 追加] をクリックします。
  4. [ STA サーバの構成 ] ダイアログボックスの [URL] に、STA を実行しているサーバのパス ( http://mycompany.comhttp://ipAddressなど) を入力し、[ 作成] をクリックします。

注:

VPN 仮想サーバーが同じネクストホップ仮想サーバーと STA サーバーを共有している場合、同じネクストホップ仮想サーバーを共有する仮想サーバーから共通 STA サーバーがバインド解除されると、接続がリセットされます。

STAおよびICAトラフィックを処理するようにCitrix Gatewayを構成する

この記事の概要