Citrix Gateway

Citrix Gateway プロキシの仮想サーバーの設定を構成する

Citrix Gateway アプライアンス間の接続を許可するには、Citrix Gateway プロキシ上の仮想サーバーでダブルホップを有効にします。

ユーザーが接続すると、Citrix Gateway アプライアンスはユーザーを認証し、プロキシアプライアンスへの接続をプロキシします。最初のDMZのCitrix Gateway で、2番目のDMZのCitrix Gatewayと通信するように仮想サーバーを構成します。Citrix Gateway プロキシで認証またはポリシーを構成しないでください。仮想サーバーで認証を無効にすることをお勧めします。

GUIを使用してCitrix Gateway プロキシ上の仮想サーバーでダブルホップを有効にするには

  1. 構成 > Citrix Gateway > 仮想サーバーに移動します
  2. 仮想サーバを選択し、[ 編集(Edit)] をクリックします。
  3. [ 基本設定 ] セクションで、[編集] アイコンをクリックし、[ 詳細] をクリックします。

    基本設定

  4. [ ダブルホップ] を選択します。

    基本設定

  5. [OK] をクリックします。

GUIを使用してCitrix Gateway プロキシ上の仮想サーバーで認証を無効にするには

  1. 構成 > Citrix Gateway > 仮想サーバーに移動します
  2. 仮想サーバを選択し、[ 編集(Edit)] をクリックします。
  3. [ 基本設定 ] セクションで、[編集] アイコンをクリックし、[ 詳細] をクリックします。

    基本設定

  4. [認証を有効にする ] チェックボックスをオフにします。

    基本設定

  5. [OK] をクリックします。
Citrix Gateway プロキシの仮想サーバーの設定を構成する