Citrix Gateway

管理 UI からのポータルのカスタマイズ

管理者は、カスタムテーマを作成してポータルテーマをカスタマイズし、ユーザーポータルのルックアンドフィールをパーソナライズできます。カスタムテーマは、rfWebUI、Default、X1、および GreenBubble テーマに基づいて作成できます。

カスタムテーマを作成するには:

  1. [構成]タブで、[ Citrix Gateway]>[ポータルテーマ ]に移動し、[ 追加]をクリックします。
  2. カスタムテーマの名前を入力します。
  3. [ テンプレートテーマ] で、必要に応じてベーステーマを選択します。RFWebUI はデフォルトで選択されています。
  4. [OK] をクリックします。
  5. Look & Feel」セクションで、ホームページの要件に従って属性を変更し、「 OK」をクリックします。

RFWebUI ベースのテーマのサンプル

次の図に、RFWebUI ベースのカスタムテーマを示します。

[ Help Legend ] リンクをクリックすると、編集する内容を選択しやすくするために、セクション名を含むグラフィカルなページが表示されます。

rfWebUI ヘルプ凡例

共通属性

共通属性 ]セクションには、すべてのCitrix Gateway ログオンページに共通する構成可能な設定が表示されます。

rfWebUI 共通属性

[ Help Legend ] リンクをクリックすると、共通の設定可能な各パラメータが表示されます。

rfWebUI 共通属性ヘルプ凡例

同様に、 Defaultに基づくカスタムテーマの場合、次の図はホームページで使用可能な設定を示しています。 注: この構成は x1 と GreenBubble では異なります。

既定のテーマ共通属性1

デフォルトのテーマ共通属性2

デフォルトのテーマ共通属性3

デフォルトのテーマ共通属性4

文字列のカスタマイズ

管理 UI では、ゲートウェイポータルのホームページの外観と外観に加えて、すべてのページで文字列のカスタマイズも可能です。

文字列をカスタマイズするには、次の手順を実行します。

  1. 文字列を編集する言語を選択します。選択した言語で文字列が表示されます。既定では、[英語] が選択されています。

    文字列言語のカスタマイズ

    注: 選択した言語では、ポータル・テーマ言語は定義されません。これは、文字列がカスタマイズされる言語です。

  2. 右側の [詳細設定]に、文字列のカスタマイズに使用できるページが一覧表示されます。

    • ログインページ
    • EPA ページ
    • EPA エラーページ
    • 環境保護庁後のページ
    • [VPN 接続] ページ
    • [ホーム] ページ
  3. 文字列をカスタマイズするページを選択し、「編集」アイコンをクリックします。文字列のカスタマイズがあらかじめ入力されたフォームが表示されます。
  4. フィールドを選択し、必要に応じて文字列を追加または編集します。
  5. [ Done ] をクリックして、カスタムポータルテーマの作成を完了します。テーマは、 Citrix Gateway > [ポータルテーマ] から後で編集できます。

注: セクションに以前に選択した言語の文字列が引き続き表示される場合は、言語が変更されたときにセクションが既に開かれていた可能性があります。この場合は、セクションを閉じて言語を選択し、[ 詳細設定] からページを再度開きます。

次のスクリーンショットは、各ページで使用できるカスタマイズ可能な文字列のセットを示しています。

ログインページ:

ログインページ

環境保護庁ページ:

EPA ページ

EPA エラーページ:

EPA エラーページ

環境保護庁後のページ:

環境保護庁の投稿ページ

[VPN 接続] ページ:

VPN 接続ページ

ホームページ:

[ホーム] ページ

管理 UI からのポータルのカスタマイズ