Citrix Gateway

Enlightened Data Transport サポートを使用する場合

次のシナリオは、EDTが有効なCitrix Gateway の使用を示しています。

  • ユーザーは、ビジネスリソースにリモートアクセスしながら、LAN 環境と同じくらい優れたエクスペリエンスを望んでいます。
  • ユーザーは、輻輳、高いパケット損失、および高遅延のためにネットワークの品質が低下する Wi-Fi およびセルラーネットワーク上で、リッチな仮想アプリケーションおよびデスクトップユーザーエクスペリエンスを望んでいます。

EDTを使用する際は、以下の点に留意すべきである。

  • 仮想サーバレベルの DTLS ノブは、デフォルトで有効になっています。
  • DTLS の SNI はサポートされていません。
  • DTLS を使用した IPv6 はサポートされていません。
  • アプライアンスは、ReceiverとVDA間のEDTトラフィックのダブルホップ機能用に構成できるようになりました。詳細については、[ ダブルホップ DMZ での展開] をクリックしてください。

注: EDT は、リリース 12.1 ビルド 49.xx 以降の MPX FIPS プラットフォームでサポートされています。Intel Coleto SSL チップベースの MPX デバイスでは、リリース 12.1 ビルド 51.16 以降から EDT がサポートされています。

Enlightened Data Transport サポートを使用する場合

この記事の概要