ルートモニタの追加または削除

高可用性ペアのアプライアンスが異なるネットワーク上にある場合、Citrix Gateway の高可用性の状態は、アプライアンスに到達できるかどうかによって異なります。クロスネットワーク高可用性構成では、各Citrix Gateway のルートモニターが内部ルーティングテーブルをスキャンして、他のCitrix Gateway のエントリが常に存在することを確認します。

ルートモニタを追加するには

  1. 構成ユーティリティの [構成] タブのナビゲーションウィンドウで、[システム] を展開し、[高可用性] をクリックします。

  2. [ルートモニターのバインド/バインド解除] ダイアログボックスの [ルートモニター] タブで、[アクション]、[構成] の順にクリックします。

  3. [ルートモニターの指定]の[ネットワーク]に、他のCitrix Gateway アプライアンスのネットワークのIPアドレスを入力します。

    IPv6 アドレスを構成するには、[IPv6] をクリックし、IP アドレスを入力します。

  4. [ネットマスク] に、他のネットワークのサブネットマスクを入力し、[追加]、[OK] の順にクリックします。

この手順が完了すると、ルートモニターはCitrix Gateway にバインドされます。

注:ルートモニターがCitrix Gateway にバインドされていない場合、いずれかのアプライアンスの高可用性の状態は、インターフェイスの状態によって決まります。

ルートモニタを削除するには

  1. 構成ユーティリティの [構成] タブのナビゲーションウィンドウで、[システム] を展開し、[高可用性] をクリックします。
  2. [ルートモニタ] タブで、[操作]、[構成] の順にクリックします。
  3. [構成済みルートモニタ]でモニタを選択し、[削除]、[OK]の順にクリックします。
ルートモニタの追加または削除