仮想 MAC アドレスの設定

仮想MACアドレスは、高可用性セットアップのプライマリおよびセカンダリCitrix Gateway アプライアンスで共有されます。

高可用性セットアップでは、プライマリCitrix Gateway は、マッピングされたIPアドレスや仮想IPアドレスなど、すべてのフローティングIPアドレスを所有します。このプロトコルは、これらの IP アドレスに対するアドレス解決プロトコル(ARP)要求に対して、独自の MAC アドレスで応答します。その結果、外部デバイス(ルーターなど)のARPテーブルは、フローティングIPアドレスとプライマリCitrix Gateway MACアドレスで更新されます。フェイルオーバーが発生すると、セカンダリCitrix Gateway が新しいプライマリCitrix Gateway として引き継ぎます。次に、gratuitous Address Resolution Protocol(GARP; 無償アドレス解決プロトコル)を使用して、プライマリアプライアンスから取得したフローティング IP アドレスをアドバタイズします。新しいプライマリアプライアンスがアドバタイズする MAC アドレスは、自身のインターフェイスの MAC アドレスです。

一部のデバイスは、Citrix Gateway によって生成されたGARPメッセージを受け入れません。その結果、一部の外部デバイスは、古いプライマリCitrix Gateway によってアドバタイズされた古いIPからMACへのマッピングを保持します。この状況では、サイトが利用できなくなる可能性があります。この問題を解決するには、高可用性ペアの両方のCitrix Gateway アプライアンスで仮想MACアドレスを構成します。この構成は、両方のCitrix Gateway アプライアンスが同じMACアドレスを持つことを意味します。その結果、フェイルオーバーが発生しても、セカンダリCitrix Gateway のMACアドレスは変更されず、外部デバイスのARPテーブルを更新する必要はありません。

仮想 MAC アドレスを作成するには、仮想ルータ ID(ID)を作成し、インターフェイスにバインドします。高可用性セットアップでは、ユーザは両方のアプライアンスのインターフェイスに ID をバインドする必要があります。

仮想ルータ ID がインターフェイスにバインドされると、システムは仮想ルータ ID を最後のオクテットとする仮想 MAC アドレスを生成します。汎用仮想 MAC アドレスの例は、00:00:5 e: 00:01:\ <VRID\ > です。たとえば、値 60 の仮想ルータ ID を作成し、それをインターフェイスにバインドした場合、結果の仮想 MAC アドレスは 00:00:5 e: 00:01:3 c になります。ここで、3c は仮想ルータ ID の 16 進数表現です。1 ~ 254 の範囲の 255 個の仮想ルータ ID を作成できます。

IPv4 および IPv6 の仮想 MAC アドレスを設定できます。

仮想 MAC アドレスの設定

この記事の概要