コマンド伝播のトラブルシューティング

次に、コマンドの伝播が失敗する理由と、設定を復元するための解決策を示します。

  • ネットワーク接続はアクティブではありません。コマンドの伝達が失敗した場合は、プライマリとセカンダリのCitrix Gateway アプライアンス間のネットワーク接続を確認します。

  • セカンダリCitrix Gateway にリソースがありません。コマンドの実行がプライマリCitrix Gateway で成功したが、セカンダリCitrix Gateway への伝達に失敗した場合は、セカンダリCitrix Gateway でコマンドを直接実行してエラーメッセージを表示します。このエラーは、コマンドで必要なリソースがプライマリCitrix Gateway に存在し、セカンダリCitrix Gateway では使用できないために発生した可能性があります。また、各アプライアンスのライセンスファイルが一致していることを確認します。

    たとえば、すべてのセキュアソケットレイヤー(SSL)証明書が各Citrix Gateway に存在することを確認します。初期化スクリプトのカスタマイズが両方のCitrix Gateway アプライアンスに存在することを確認します。

  • 認証エラー。認証失敗のエラーメッセージが表示された場合は、各アプライアンスの RPC ノード設定を確認します。

コマンド伝播のトラブルシューティング

この記事の概要