異なるサブネットでの高可用性ペアの設定

一般的な高可用性展開は、高可用性ペアの両方のアプライアンスが同じサブネット上にある場合です。高可用性展開は、各アプライアンスが異なるネットワークにある2つのCitrix Gateway アプライアンスで構成することもできます。このトピックでは、後者の設定について説明し、設定例と、1 つのネットワーク内およびネットワーク間での高可用性設定の違いの一覧を示します。

リンク冗長性とルートモニタを設定することもできます。これらのCitrix Gateway 機能は、クロスネットワークの高可用性構成で役立ちます。これらの機能は、パートナーアプライアンスがアクティブであることを確認するために、各Citrix Gateway で使用されるヘルスチェックプロセスもカバーします。

独立したネットワーク構成の仕組み

Citrix Gateway アプライアンスは、2つの異なるネットワーク上のR3およびR4と呼ばれる異なるルーターに接続されています。アプライアンスは、これらのルータを介してハートビートパケットを交換します。ハートビートパケットは、接続がアクティブであることを確認する一定の間隔で発生する信号です。この構成を拡張して、任意の数のインターフェイスを含む展開に対応できます。

注:ネットワークでスタティックルーティングを使用する場合は、ハートビートパケットが正常に送受信されるように、すべてのシステム間にスタティックルートを追加する必要があります。(システムでダイナミックルーティングを使用する場合、スタティックルートは不要です)。

高可用性ペアのアプライアンスが2つの異なるネットワークに存在する場合、セカンダリCitrix Gateway には独立したネットワーク構成が必要です。つまり、異なるネットワーク上のCitrix Gateway アプライアンスは、マッピングされたIPアドレス、仮想LAN、またはネットワークルートを共有できません。高可用性ペアのCitrix Gateway アプライアンスが異なる構成可能なパラメーターを持つこのタイプの構成は、独立ネットワーク構成または対称ネットワーク構成と呼ばれます。

次の表に、独立したネットワーク構成の構成可能なパラメーターをまとめ、各Citrix Gateway でパラメーターを設定する方法を示します。

設定可能なパラメータ 動作
IP アドレス Citrix Gateway 固有。そのアプライアンスでのみアクティブです。
仮想 IP アドレス フローティング。
仮想 LAN Citrix Gateway 固有。そのアプライアンスでのみアクティブです。
ルート Citrix Gateway 固有。そのアプライアンスでのみアクティブです。リンク負荷分散(LLB)ルートはフローティングです。
アクセスコントロールリスト (ACL) フローティング (共通)。両方のアプライアンスでアクティブです。
動的ルーティング Citrix Gateway 固有。そのアプライアンスでのみアクティブです。セカンダリCitrix Gateway もルーティングプロトコルを実行し、アップストリームルーターとピアリングする必要があります。
L2モード フローティング (共通)。両方のアプライアンスでアクティブです。
L3モード フローティング (共通)。両方のアプライアンスでアクティブです。
リバースネットワークアドレス変換 (NAT) Citrix Gateway 固有。NAT IP アドレスがフローティングであるため、仮想 IP アドレスを持つリバース NAT。

注:

INC モードの IPSET は、パブリック IP アドレスでサポートされます。詳細については、「 Azure ロードバランサーを使用したCitrix ADC 高可用性フロントエンド IP 検証済みリファレンスデザイン」を参照してください。

異なるサブネットでの高可用性ペアの設定