サーバー起動接続を構成する

IPアドレスが有効なCitrix Gateway にログオンしたユーザーごとに、DNSサフィックスがユーザー名に追加され、DNSアドレスレコードがアプライアンスのDNSキャッシュに追加されます。この手法は、ユーザの IP アドレスではなく DNS 名をユーザに提供するのに役立ちます。

IPアドレスがユーザーのセッションに割り当てられると、内部ネットワークからユーザーのデバイスに接続できます。たとえば、リモートデスクトップまたは仮想ネットワークコンピューティング (VNC) クライアントを使用して接続しているユーザーは、問題のあるアプリケーションを診断するためにユーザーデバイスにアクセスできます。また、リモートでログオンしている内部ネットワークIPアドレスを持つ2人のCitrix Gateway ユーザーが、Citrix Gateway を介して相互に通信することも可能です。アプライアンスでログオンしているユーザーの内部ネットワーク IP アドレスの検出を許可すると、この通信が補助されます。

リモートユーザーは、次のpingコマンドを使用して、Citrix Gateway にログオンできるユーザーの内部ネットワークIPアドレスを検出できます。

ping \<username.domainname\>

サーバーは、次のさまざまな方法でユーザーデバイスへの接続を開始できます。

  • TCP または UDP 接続。接続は、内部ネットワーク内の外部システム、またはCitrix Gateway にログオンしている別のコンピューターから発生します。Citrix Gateway にログオンした各ユーザーデバイスに割り当てられた内部ネットワークIPアドレスは、これらの接続に使用されます。Citrix Gateway がサポートするさまざまな種類のサーバー起動接続について説明します。 TCP または UDP サーバー起動接続の場合、サーバーはユーザーデバイスの IP アドレスとポートに関する予備知識を持ち、それに接続します。Citrix Gateway はこの接続を傍受します。

    次に、ユーザーデバイスはサーバーへの初期接続を行い、サーバーは、既知または最初に構成されたポートから派生したポートでユーザーデバイスに接続します。

    このシナリオでは、ユーザーデバイスはサーバーへの初期接続を行い、この情報が埋め込まれているアプリケーション固有のプロトコルを使用して、サーバーとポートと IP アドレスを交換します。これにより、Citrix Gateway は、アクティブなFTP接続などのアプリケーションをサポートできるようになります。

  • Port コマンド。これは、アクティブな FTP および特定の Voice over IP プロトコルで使用されます。

  • プラグイン間の接続。Citrix Gateway は、内部ネットワークIPアドレスを使用したプラグイン間の接続をサポートします。

    このタイプの接続では、同じCitrix Gateway を使用する2つのCitrix Gateway ユーザーデバイスが相互に接続を開始できます。このタイプの例としては、Office Communicator や Yahoo! メッセンジャー。

ユーザーがCitrix Gateway からログオフし、ログオフ要求がアプライアンスに到達しなかった場合、ユーザーは任意のデバイスを使用して再度ログオンし、以前のセッションを新しいセッションに置き換えることができます。この機能は、ユーザごとに 1 つの IP アドレスが割り当てられる展開で役立つ場合があります。

ユーザーがCitrix Gateway に初めてログオンすると、セッションが作成され、IPアドレスがユーザーに割り当てられます。ユーザーがログオフしてもログオフ要求が失われた場合、またはユーザーデバイスがクリーンログオフを実行できない場合、セッションはシステム上で維持されます。ユーザーが同じデバイスまたは別のデバイスから再度ログオンしようとすると、認証が成功すると、[ログオン転送]ダイアログボックスが表示されます。ユーザーがログオンの転送を選択すると、Citrix Gateway 上の以前のセッションが閉じられ、新しいセッションが作成されます。ログオンの転送は、ログオフ後 2 分間だけアクティブになります。複数のデバイスから同時にログオンを試みた場合は、最後のログオン試行で元のセッションが置き換えられます。

サーバー起動接続を構成する

この記事の概要