Citrix Gateway

SmartAccess 設定

SmartAccessをCitrix Virtual Apps and Desktopsとともに使用すると、公開アプリケーションと仮想デスクトップをインテリジェントにユーザーに配信できます。

SmartAccessを使用すると、Citrix Gateway セッションポリシーを使用して、サーバー上の公開アプリケーションおよびデスクトップへのアクセスを制御できます。公開リソースにアクセスするための条件として、事前認証および認証後のチェックを他の条件とともに使用します。その他の条件には、Citrix Virtual Apps and Desktopsポリシーで制御できるすべての条件(プリンターの帯域幅制限、ユーザーデバイスドライブのマッピング、クリップボード、オーディオ、プリンターマッピングなど)が含まれます。ユーザーがCitrix Gateway チェックに合格するかどうかに基づいて、Citrix Virtual Apps and Desktopsポリシーを適用できます。

Citrix Gateway は、Webインターフェイス、ICAプロキシアクセス、クライアントレスアクセス、およびCitrix Gateway アクセスで使用できるのと同じオプションを使用して、Citrix 仮想デスクトップを配信できます。

この機能は、Citrix GatewayコンポーネントをWebインターフェイスおよびCitrix Virtual Apps and Desktopsと統合することによって実現されます。この統合により、Web Interface に対する高度な認証とアクセス制御オプションが提供されます。詳しくは、Citrix 製品ドキュメントの[テクノロジー]ノードにあるWebインターフェイスのドキュメントを参照してください。

サーバーファームへのリモート接続には、Citrix Secure Accessエージェントは必要ありません。ユーザーはCitrix Workspace アプリに接続できます。ユーザーは、Citrix Secure Accessエージェントを使用して、Citrix Gateway のデフォルトのホームページであるアクセスインターフェイスを介してログオンし、公開アプリケーションと仮想デスクトップを受信できます。

SmartAccess 設定

この記事の概要