Citrix Gateway

Citrix Gateway でのログの構成

Citrix Gateway でログを構成するときは、監査ログをCitrix Gateway に保存するか、syslogサーバーに送信するかを選択できます。構成ユーティリティを使用して、監査ポリシーを作成し、監査ログを格納するための設定を構成します。

監査ポリシーを作成するには

  1. 構成ユーティリティの[構成]タブで、[ Citrix Gateway ]>[ ポリシー ]>[ 監査]の順に展開します。
  2. [ 名前] に、ポリシーの名前を入力します。
  3. 次のいずれかを選択します:
    • syslog は、ログを Syslog サーバに送信する場合に使用します。
    • NslogでCitrix Gateway にログを保存します。

      注: このオプションを選択すると、ログはアプライアンスの /var/log フォルダに保存されます。

  4. 詳細ペインで、[Add] をクリックします。
  5. ログが保存されているサーバー情報について、次の情報を入力します。
    • [名前] に、サーバーの名前を入力します。
    • [サーバー] に、ログサーバーの名前または IP アドレスを入力します。
  6. [Create] をクリックしてから、[Close] をクリックします。

監査ポリシーを作成したら、次の任意の組み合わせにポリシーをバインドできます。

  • グローバルに
  • 仮想サーバー
  • グループ
  • ユーザー

監査ポリシーをグローバルにバインドするには

  1. 構成ユーティリティの[構成]タブで、[ Citrix Gateway ]>[ ポリシー ]>[ 監査]の順に展開します。
  2. SyslogまたはNslogを選択します。
  3. 詳細ウィンドウで、[ 操作 ] をクリックし、[ グローバルバインド] をクリックします。
  4. [ **監査ポリシーをグローバルにバインド/バインド解除** ] ダイアログボックスの [ 詳細] で、[ ポリシーの挿入] をクリックします。
  5. ポリシー名」でポリシーを選択し、 「OK」をクリックします。

監査ポリシーを変更するには

既存の監査ポリシーを変更して、ログの送信先サーバーを変更できます。

  1. 構成ユーティリティの[ 構成 ]タブで、[ Citrix Gateway ]>[ ポリシー ]>[ 監査]の順に展開します。
  2. SyslogまたはNslogを選択します。
  3. 詳細ウィンドウで、ポリシーをクリックし、[ 開く] をクリックします。
  4. 「サーバー」で新しいサーバーを選択し、 「OK」をクリックします。

監査ポリシーを削除するには

Citrix Gateway から監査ポリシーを削除できます。監査ポリシーを削除すると、ポリシーは自動的にバインド解除されます。

  1. 構成ユーティリティの[構成]タブで、[ Citrix Gateway ]>[ ポリシー ]>[ 監査]の順に展開します。
  2. [ Syslog ] または [Nslog] を選択します。
  3. 詳細ウィンドウで、ポリシーをクリックし、[ 削除] をクリックします。
Citrix Gateway でのログの構成