Citrix Gateway

RDP 接続リダイレクト

Citrix Gateway アプライアンスは、接続ブローカーまたはセッションディレクトリの存在下でのRDP接続リダイレクトをサポートするようになりました。RDP プロキシ通信では、クライアントからサーバーへの接続ごとに排他的な URL が必要なくなりました。代わりに、プロキシは単一の URL を使用して RDP サーバーファームに接続し、管理者のメンテナンスと構成のオーバーヘッドを削減します。

ポイント・ツー・ノート:

  • RDP 接続リダイレクトは、SSO が有効になっている場合にのみサポートされ、シングルゲートウェイモードとステートレスモードまたはデュアルゲートウェイモードの両方でサポートされます (SmartAccess)。
  • RDP プロキシ機能は、IP Cookie をサポートするトークンベースのリダイレクトでのみサポートされます。IP ベースのルーティングトークン「msts=」は、[ IP アドレスリダイレクトの使用 ] 機能が無効になっている場合、Windows セッションブローカまたは接続ブローカによって返されます。
  • IP アドレスリダイレクトを使用する ]設定を無効にすると、次の場所でトークンベースのリダイレクトを有効にできます。 Computer Configuration > Policies > Administrative Templates > Windows Components > Remote Desktop Services > Remote Desktop Session Host > RD Connection Broker

  • 接続ブローカマシンではなく、RDSH マシンで [IP アドレスリダイレクトを使用する] 設定を無効にします。

  • RDP プロキシ接続用の専用リダイレクタを設定できます。

前提条件

  • RDPサーバープロファイルを作成して、Citrix Gateway 仮想サーバーで3389リスナーを有効にします。 RDP するマシンが RDS 接続ブローカインフラストラクチャのメンバーでない場合は、3389 リスナーは必要ありません。

  • Citrix Gateway アプライアンスでRDP接続リダイレクトを有効にして、接続ブローカーの存在下でRDPプロキシをサポートします。

接続ブローカの存在下で RDP プロキシを展開する

接続ブローカの存在下の RDP プロキシは、次の 2 つの方法で展開できます。

  • RD 接続ブローカーの負荷分散に参加している RD セッションホストサーバーを使用する。
  • RDP 負荷分散機能がある場合。

RD 接続ブローカーの負荷分散に参加している RD セッションホストサーバーの場合:

この場合、RDP URL リンクは、RDP サーバの 1 つを宛先サーバとして指すように設定できます。このサーバは、リダイレクタとして機能します。また、ファーム内の RDP サーバーの 1 つを宛先サーバーとして使用することもできます (この場合、サーバーは RDP セッションを受け入れません)。

RDP 負荷分散機能が存在する場合

接続ブローカーの負荷分散が有効になっていない場合は、Citrix ADCでRDP負荷分散機能を利用して、接続ブローカーの存在下でRDPセッションの必要な負荷分散を実行できます。この場合、RDP URL リンクは、RDP ロードバランサを宛先サーバとして設定する必要があります。RDPロードバランサーは、RDPプロキシと同じCitrix Gateway アプライアンス上に置くことができます。詳細については、「 RDP サーバーの負荷分散」を参照してください。

CLI を使用して、接続ブローカの存在下で RDP プロキシを構成する

コマンドプロンプトで次を入力します。

add rdpserverprofile <Name> -psk <string> -rdpRedirection ( ENABLE | DISABLE )

add rdpserverprofile serverProfileName -psk “secretString” -rdpRedirection ENABLE
<!--NeedCopy-->

Citrix ADC GUIを使用してRDP接続リダイレクトを構成する

  1. Citrix Gateway >[ポリシー]>[RDP]に移動します。
  2. [ RDP ] を右クリックして、RDP **リダイレクト機能を有効または無効にします** 。
RDP 接続リダイレクト